招待状、リマインダ、登録通知の送信

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 15, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

送信するメールメッセージを選択する

   

トレーニングセッションのスケジュール中に、出席者に送信する既定のメールメッセージを選択することができます。 テキストおよび変数 ( Training Center が認識し、特定のトレーニングセッション情報で置き換えるコードテキスト) を編集、再配置、または削除することによって、Training Center のメールメッセージテンプレートをカスタマイズすることもできます。

    
  •      

    [リマインダ] から、出席者がトレーニングセッションに参加する際に送るメールを選択することができます。

          

    •        

      出席者のセッション参加時の主催者への通知

             

         
   

トレーニングセッションの招待状を送る

   

送信するメールメッセージを選択するときに、既定のメールメッセージを送信するか、メッセージをカスタマイズすることを選択することができます。 詳細については、[メールメッセージのカスタマイズについて] を参照してください。

   
      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    [招待] で次のいずれかのとなりにあるチェックボックスを選択します。
  •       

    トレーニングセッションへの招待      

          
  •       

    進行中のトレーニングセッションへの招待      

          
  •       

    トレーニングセッションへの登録要請      

          
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

スケジュール済みのトレーニングセッションの更新を送信する

      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    [更新] で次のいずれかのチェックボックスを選択します。
  •       

    トレーニングセッションの再スケジュール      

          
  •       

    トレーニングセッションへの参加に関する更新情報      

          
  •       

    トレーニングセッションへの登録に関する更新情報      

          
  •       

    トレーニングセッションがキャンセルされました      

          
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

スケジュール済みトレーニングセッションに登録通知を送信する

      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    [更新] で次のいずれかのチェックボックスを選択します。
  •       

    主催者への登録通知      

           

    この既定のメールメッセージは変更できません。

          
  •       

    出席者登録保留中      

          
  •       

    出席者登録確認      

          
  •       

    出席者登録拒否      

          
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

スケジュール済みトレーニングセッションのリマインダを送信する

   

スケジュール済みのトレーニングセッションの 15 分前から 2 週間前の間に、 トレーニングセッションのリマインダを出席者、プレゼンタ、および自分自身に送信することができます。 送信するメールメッセージを選択するときに、既定のメールメッセージを送信するか、メッセージをカスタマイズすることを選択することができます。 詳細については、[メールメッセージのカスタマイズについて] を参照してください。

   
           
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    [リマインダ] で、[トレーニングセッション出席へのリマインダ] のとなりにあるチェックボックスを選択します。
3    トレーニングセッションのどれだけ前にリマインダを送信するかを選択します。
4    リマインダメールを追加するには、[他の通知 (リマインダ)メールの追加] をクリックし、次に トレーニングセッション のどれだけ前にこのリマインダを送信するかを選択します。       
重要             

最大 3 つの通知メールを追加できます。

      
     
5    [プレゼンタ] のとなりにあるドロップダウンリストで、トレーニングセッションに先立ちプレゼンタに通知を送信する時間を選択します。
6    [主催者] のとなりにあるドロップダウンリストで、トレーニングセッション の前に自分にリマインダを送信する時間を選択します。
7    [メールアドレスを指定] の後に、Training Center によって自分にリマインダを送信する際のメールアドレスを次の形式で入力します。 name@domain.com       
重要             

ボックスに複数のメールアドレスを入力しないでください。 ボックスに複数のメールアドレスを入力した場合、Training Center からの通知が送信されません。

      
     
8    [スケジュール] または [更新] を選択します。

出席者がセッションに参加したら通知を受け取る

      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    [リマインダ] で、[参加者のセッション参加時の主催者への通知] チェックボックスを選択します。
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

メールメッセージのカスタマイズについて

   

既定のメールメッセージを自分の設定にカスタマイズすることができます。 変数は削除できますが、パーセント記号で囲まれた内側の文字列 (%ParticipantName% など) は変更しないでください。

    

これらを変更するとトレーニングマネージャは、プロファイルや登録情報の適切な文字列に置換することができなくなります。 変数の説明については、メールメッセージの変数を参照してください。

    

[メールメッセージの編集] ウィンドウで、以下のオプションを編集することができます。

    
  •      

    メールの件名: メールメッセージの件名に表示するテキストを入力します。

          

    新しい件名を指定するにはボックスに件名を入力します。

         

  •      

    本文: メールメッセージの本文を指定します。 Training Center がトレーニングセッション情報で変換した変数を含む既定コンテンツです。 変数および文字列は、再配置、削除、または特定の情報で置き換えることができます。 変数内の文字列は変更しないでください。

         

   

メールメッセージをカスタマイズする

        
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [トレーニングセッションの編集] ページの [メールオプション] > [メールオプションの編集] を選択します。
2    カスタマイズするメールメッセージを選択します。
3    メールメッセージを編集します。 変数内の文字列は変更しないでください。 変数の説明については、メールメッセージの変数を参照してください。
4    編集したメールメッセージを保存するには、[更新] を選択します。
5    (オプション) メールメッセージを既定のメッセージに戻すには、[既定値にリセット] を選択します。       

[OK] を選択すると、編集した内容は既定のメールメッセージに置き換わります。

     

メールメッセージの変数

   

Training Center メールメッセージで使用される各変数は、トレーニングセッションのスケジュール時に指定した該当する情報で置き換えられます。 次の表は、これらの変数とその意味です。

     
                                                             
        

変数

        
        

置換後

        
        

使用するメールメッセージ

        
        

%EmailFooter%        

        
        

ウェブサイトのメールの署名

        
        

すべて

        
        

%HostEmail%        

        
        

ユーザープロファイルで指定したメールアドレス。

        
        

すべて

        
        

%HostName%        

        
        

ユーザープロファイルで指定した氏名。

        
        

すべて

        
        

%ParticipantName%        

        
        

参加者がイベントに登録または参加した時に指定した氏名。

        
        

すべて

        
        

%PhoneContactInfo%        

        
        

ユーザープロファイルで電話番号を指定した場合、次の文字列です。

         

%HostPhone% に電話してください。%HostPhone% は、ユーザープロファイルで指定した電話番号に置き換えられます。

        
        
  •           

    出席者登録確認

              

  •           

    トレーニングセッション出席へのリマインダ

              

        
        

%RegistrationID%        

        
        

出席者の登録 ID です。 登録要求を承認すると、OnStage によって出席者用のこの ID が自動的に作成されます。 トレーニングセッションへの登録を要求しない場合、この変数は次の文字列によって置き換えられます。

         

(このトレーニングセッションは、登録 ID を必要としません。)        

        
        
  •           

    出席者登録確認

              

  •           

    トレーニングセッション出席へのリマインダ

              

        
        

%SessionDateOrRecurrence%        

        
        

セッションが単一のセッションの場合、以下が表示されます。

         

[SessionDate]        

         

セッションが繰り返すセッションまたは複数のセッションコースの場合、以下が表示されます。

         

[SessionRecurrence]        

        
        
  •           

    出席者登録確認

              

  •           

    トレーニングセッション出席へのリマインダ

              

        
        

%SessionInfoURL%        

        
        

トレーニングセッションのトレーニング情報ページ用ウェブアドレスまたは URL。 トレーニングセッションをスケジュールすると、トレーニングマネージャが自動的に URL を作成します。

        
        

すべて

        
        

%SessionNumber%        

        
        

トレーニングマネージャが指定するあなたのセッションの番号。

        
        

すべて

        
        

%SessionPassword%        

        
        

トレーニングのスケジュール時に指定した、トレーニングセッション用のパスワード。

         

パスワードを要求しない場合、この変数は次の文字列によって置き換えられます。

         

(このセッションにパスワードは必要ありません。)

        
        
  •           

    出席者登録確認

              

  •           

    トレーニングセッション出席へのリマインダ

              

        
        

%SessionTime%        

        
        

イベントのスケジュール時に指定された時刻。形式は次のとおりです:

         

HH:MM [am/pm]例: 12:30 PM

        
        

すべて

        
        

%TeleconferenceInfo%        

        
        

次の文字列です:

         

電話会議に出席するには、%CallInNumber% に電話して、ミーティング番号を入力してください。

         

%CallInNumber% は、トレーニングのスケジュール時に [電話番号] ボックスで指定した番号によって置き換えられます。

        
        

すべて

        
        

%TimeZone%        

        
        

トレーニングのスケジュール時に指定したタイムゾーン。

        
        

すべて

        
        

%Topic%        

        
        

トレーニングのスケジュール時に指定したトレーニングセッションの議題。

        
        

すべて

        
   
 

Attachments

    Outcomes