SCORM を使用する

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jul 11, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

SCORM の概要

   

SCORM (Sharable Courseware Object Reference Model) とは、Web ベースの学習システムで学習内容の検索、インポート、共有、再利用、およびエクスポートを標準化された方法で行うことができる一連の技術標準です。 [SCORM] ページでは、LMS(Learning Management System) によって、受講者に何を配布する必要があり、受講者がいつスキルや能力を獲得するかをトラッキングすることができ、受講者に適切なレベルのコンテンツが送信されます。

    

API(Application Programming Interface) は、Web 用の JavaScript を使用して LMS とやり取りする標準的な方法を提供します。 WebEx では、 API で提供される情報を指定できる [SCORM] ページが用意されています。

    

SCORM の詳細については、次のウェブサイトから参照できます。

    
  •      

    www.adlnet.org

         

  •      

    www.imsglobal.org

         

  •      

    www.rhassociates.com/scorm.htm

         

  •      

    www.teleologic.net/SCORM/index.htm

         

  •      

    www.altrc.org/specifications.asp

         

   

SCORM データの表示と編集

        
1    Training Center ウェブサイトにログインし、[マイ WebEx] を選択します。
2    表示または編集したいトレーニングセッションのリンクを選択します。
3    [SCORM データ] のとなりにあるリンクを選択します。
4    必要に応じてテキストボックスやドロップダウンリストの情報に変更を加え、変更を保存します。
5    ファイルをダウンロードするには [保存してダウンロード] を選択します。
 

Attachments

    Outcomes