リモートコンピュータ共有について

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jul 11, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

リモートコンピュータ共有について

 

プレゼンタはリモートコンピュータ共有を使ってトレーニングセッション参加者全員にリモートコンピュータを表示することができます。 リモートコンピュータの設定方法に応じて、プレゼンタはデスクトップ全体を表示したり、特定のアプリケーションだけを表示することができます。 リモートコンピュータ共有は、リモートコンピュータのみで利用できるアプリケーションやファイルを参加者に見せるのに便利です。

  

参加者は、各自の画面上の共有ウィンドウ中から、プレゼンタのすべてのマウス動作を含むリモートコンピュータを参照することができます。

  

プレゼンタは次の状況においてミーティング中にリモートコンピュータを共有できます:

  
  •  

    すでにリモートコンピュータに Access Anywhere エージェントがインストール済みである

      

  •  

    トレーニングに参加する前に、Training Center ウェブサイトにログインしている (もしあなたが本来のトレーニングセッション主催者でない場合)。

      

  

リモートコンピュータ共有の開始

   

既に Access Anywhere をコンピュータに設定している場合は、トレーニングセッション中にコンピュータを共有することができます。

    

重要


    
  •       

    あなたが元のミーティング主催者ではない場合、リモートコンピュータを共有したいトレーニングセッションに参加する前に Training Center ウェブサイトにログインします。 あなたがすでにトレーニングセッションに参加していて、サイトにログインしていない場合は、いったんトレーニングセッションから退出し、サイトにログインしてから再度セッションに参加してください。

          

  •       

    リモートコンピュータ上で、パスワード保護されているスクリーンセーバーが動作している場合、アクセスコードまたはパスコードを入力すると、トレーニングセッションサービスによりスクリーンセーバーが自動的に解除されます。

          

  •       

    複数のアプリケーションにアクセスできるようにリモートコンピュータを設定している場合は、他のアプリケーションを同時に共有することができます。

          

    
   
        
1    [共有 > リモートコンピュータ] の順に選択します。       

[Access Anywhere] ダイアログボックスが表示されます。

     
2    [リモートコンピュータ] から共有するコンピュータを選択します。
3    [アプリケーション] から共有するアプリケーションを選択します。       

デスクトップ全体にアクセスできるようにリモートコンピュータを設定している場合は、[アプリケーション] の下に [デスクトップ] オプションが表示されます。

     
4    [接続] を選択します。 Access Anywhere をコンピュータに設定した時に選択した認証方法に基づき、いずれかの操作を実行します:
  • アクセスコード認証を選択している場合、リモートコンピュータ設定時に指定したアクセスコードを入力します。
  • 電話認証を選択している場合、リモートコンピュータ設定時に指定した番号に電話がかかってきます。
5    認証を完了します。
  •       

    アクセスコードによる認証を選択した場合は、表示されるボックスにあなたのアクセスコードを入力して [OK] を選択します。

          
  •       

    電話認証を選択した場合、音声ガイドに従い操作します。

          

共有リモートコンピュータ上で新規にアプリケーションを共有する

 

デスクトップ全体ではなく、特定のアプリケーションに対してだけアクセスできるように設定したリモートコンピュータの共有時に、リモートコンピュータ上にある他のアプリケーションを共有することができます。 トレーニングセッション参加者は、すべての共有アプリケーションを同時に見ることができます。

  
      
1    セッションコントロールパネルで、下矢印ボタンを選択します (セッションコントロールパネルの最後のボタン) そして、[リモートアプリケーション共有] を選択します。
2    [アプリケーションの選択] ボックスで、共有したいアプリケーションを選択してください。  

共有する別のアプリケーションを選択した後も、以前選択したすべてのアプリケーションは開いたままになります。

  
3    [OK] を選択します。

リモートコンピュータ共有の停止

   

主催者またはプレゼンタとして、トレーニングセッション中はいつでもリモートコンピュータの共有を終了できます。 リモートコンピュータの共有を停止すると、Access Anywhere サーバーにより、ローカルコンピュータがリモートコンピュータから切断されます。 リモートコンピュータは Access Anywhere サーバーにそのままログインされている状態なので、いつでも再度アクセスすることができます。

   
     
1    リモートコンピュータのプライバシーやセキュリティを保護するために、次のいずれかの作業を行います:
  •       

    共有セッション中に開始したアプリケーションをすべて閉じる。

          
  •       

    スクリーンセーバーのパスワードを指定し、非アクティブ状態が一定時間続いたらスクリーンセーバーを表示するように設定します。

          
  •       

    もう一度リモートアクセスする予定がない場合は、コンピュータをシャットダウンします。

          
2    セッションコントロールパネルで、[共有を停止] を選択します。       

共有が停止され、トレーニングセッションマネージャに戻ります。

     

共有リモートコンピュータの管理

   

主催者およびプレゼンタは、ミーティングでリモートコンピュータを共有中にオプションを指定したりコマンドを送信することでリモートコンピュータを管理することができます。

    

リモートコンピュータに対して行ったオプションの変更は、現在の共有セッション中にのみ影響します。 この変更が、Access Anywhere エージェントの基本設定であなたがリモートコンピュータのために設定した既定のオプションに影響することはありません。

     
                      
        

機能

        
        

操作

        
        

リモートコンピュータの画面解像度を下げる

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[このコンピュータに合わせて画面解像度を調節する] を選択します。

        
        

リモートコンピュータのキーボードとマウスを有効または無効にする

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[キーボードとマウスを無効にする] を選択します。

        
        

共有リモートコンピュータの表示サイズを調節する

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[表示] を選択します。        

         

メニューから表示オプションを選択します。

        
        

リモートコンピュータの画面の内容を表示または非表示にする

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[スクリーンをブランクにする] を選択します。

        
        

Ctrl+Alt+Del コマンドを送信してリモートコンピュータのログイン、ログアウト、ロック、ロック解除する

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[Ctrl+Alt+Del を送信する] を選択します。

        
        

リモートコンピュータで共有する別のアプリケーションを選択する

        
        

セッションコントロールパネルで下矢印ボタンを選択し、[リモートアプリケーション共有] を選択します。

         

利用可能なアプリケーション一覧から共有したいアプリケーションを選択します。

        
   
 

Attachments

    Outcomes