マイ WebEx の情報を管理する

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jul 11, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

個人用フォルダ中のファイルの管理

 

ユーザーアカウントにはウェブサイト上にファイルを保存するための個人用の記憶域が用意されています。 これらのファイルは [マイ WebEx > マイファイル > マイドキュメント] ページに保存されています。 ファイルストレージ容量はサイト管理者により振り分けられます。 より多くのディスクスペースが必要な場合は、サイト管理者に問い合わせてください。

  
          
1    [マイ WebEx > マイファイル > マイドキュメント] の順に移動します。
2    [操作] の下で [フォルダの作成] ボタンを選択し、新規フォルダを作成します。 フォルダの名前と説明を入力します。
3    [操作,] の下で [アップロード] ボタンを選択し、洗濯中のファイルを一つまたは複数選択します。   

最大で一度に 3 個のファイルをアップロードできます。

  
4    [操作] の下で [ダウンロード] ボタンを選択し、ファイルをダウンロードします。   

ウェブブラウザまたは OS の指示に従ってファイルをダウンロードします。

  
5    フォルダまたはファイルを編集するには、ファイルを選択し、[フォルダを編集] または [ファイルを編集] のボタンを選択します。   

フォルダで次の情報を指定することができます:

  
  •  

    名前と説明

      

  •  

    閲覧と書き込みのアクセス

      

  •  

    パスワード保護

      

  
6    特定のファイルまたはフォルダを検索するには、[検索] ボックスでファイル名または説明の一部を入力し、[検索] を選択します。
7    [詳細] および [コピー] コマンドを使ってファイルまたはフォルダを選択して別のフォルダに移動します。

ファイルから連絡先情報をアドレス帳にインポートする

   

カンマ区切り値 (.CSV) 形式のファイルから情報をインポートすることにより、複数の連絡先情報を一度に個人アドレス帳に追加することができます。 CSV 形式のほとんどのスプレッドシートおよびメールプログラムから情報をエクスポートできます。

    

重要


    

追加または更新した連絡先情報にエラーがある場合、連絡先情報がインポートされなかったことを示すメッセージが表示されます。

    
   
             
1    インポートしたいアプリケーションで .csv ファイルを生成するか、WebEx 連絡先ページから.csv ファイルをエクスポートし、同じ形式で編集することでさらに追加することができます。       

詳細は [連絡先情報のエクスポートを .csv ファイルにエクスポートする] を参照してください。

     
2    [マイ WebEx] > [マイ連絡先] の順に選択します。
3    [表示] リストで [個人連絡先] を選択します。    
4    [インポート元] ドロップダウンリストで、[カンマまたはタブ区切りファイル] を選択します。
5    [インポート] をクリックします。
6    新しい連絡先情報を追加した .csv ファイルを選択します。
7    [開く] を選択します。
8    [ファイルのアップロード] を選択します。       

[個人連絡先の表示] ページが表示されます。ここで、インポートする連絡先情報を確認できます。

     
9    [送信] を選択します。       

確認のメッセージが表示されます。

     
10    [はい] を選択します。

連絡先情報を .csv ファイルでエクスポートする

   

連絡先情報を CSV ファイルで保存することで他のアプリケーションにインポートしたり、または連絡先を追加してインポートするために使用する CSV ファイルテンプレートを生成することができます。 ファイルから連絡先情報をアドレス帳にインポートする

    
重要:     

新しい連絡先を追加する場合、UID フィールドは空欄にしてください。

    
   
           
1    [マイ WebEx] > [マイ連絡先] の順に選択します。
2    [表示] リストで [個人連絡先] を選択します。    
3    [エクスポート] を選択します。
4    .csv ファイルをコンピュータに保存します。
5    保存した .csv ファイルを、Microsoft Excel などのスプレッドシートプログラムで開きます。
6    (オプション) 連絡先情報がファイルに含まれていれば、それを削除できます。
7    .csv ファイルに新規連絡先に関する情報を指定します。
8    .csv ファイルを保存します。

アドレス帳から配信リストを作成する

   

個人アドレス帳で配信リストを作成することができます。 配信リストは、共通の名称が設定された複数の連絡先を含むグループで、個人連絡先リストに表示されます。 例えば、営業部と言う名前の配信リストを作成し、このリストに営業部門のメンバーの連絡先をまとめることができます。 部門のメンバーをミーティングに招待する場合、各メンバーを個別に選択する代わりに、グループを選択することができます。

   
            
1    [マイ WebEx] > [マイ連絡先] の順に選択します。
2    [配信リストへの追加] を選択します。       

[配信リストへの追加] ページが表示されます。

     
3    [名前] ボックスにグループ名を入力します。
4    (オプション) [説明] ボックスにグループの説明を入力します。
5    [メンバー] から配信リストに追加する連絡先を次のいずれかの方法で検索します:
  •       

    [検索] ボックスに、連絡先の氏名または名前の一部分を入力して連絡先を検索します。

          
  •       

    目的の連絡先氏名の先頭文字に対応する文字をクリックする。

          
  •       

    [すべて] をクリックして、個人連絡先リストに含まれるすべての連絡先を選択する。

          
6    (オプション) 個人連絡先リストに新しい連絡先を追加するには、[メンバー] から [連絡先の追加] を選択します。
7    左のボックスで、配信リストに追加する連絡先を選択します。
8    [追加] を選択し、選択した連絡先を右のボックスに移動します。
9    配信リストに連絡先を追加する作業が終わったら、[追加] を選択してリストを作成します。       

個人連絡先リストでは、新しい配信リストの左側に [配信リスト] インジケータが表示されます: リスト名を選択して編集を行います。

     
 

Attachments

    Outcomes