トレーニングセッションのスケジューリング時に参加者用のオプションを指定する

Document created by Cisco Localization Team on Nov 22, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 15, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

トレーニングセッション中に参加者に適用するオプションを指定する

 

選択した権限により、 トレーニングセッションの開始時に出席者に対して与えられる既定の権限が決まります。

  

重要


 

[セッションのオプション] ページで選択したかどうかに関わらず、プレゼンタは トレーニングセッション 中に以下の権限を出席者に与えたり、取り消すことができます:

  
  •  

    保存

      

  •  

    印刷

      

  •  

    注釈

      

  •  

    出席者リスト

      

  •  

    サムネイル

      

  •  

    ビデオ

      

  •  

    次または前ページ

      

  •  

    チャット

      

  •  

    ファイル転送

      

  •  

    録画

      

  

ビデオ、チャット、ファイル転送、および録画の権限を選択しない場合、これらのオプションに関連する機能はトレーニングセッション中に利用できません。

  
  
       
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションのオプション > オプションの編集] を選択します。
2    [出席者権限] からすべての出席者に権限を付与または付与しない場合は、各オプションにチェックまたはチェック解除します。
3    [保存] を選択して [セッションのオプション] ページを閉じます。
4    [スケジュール] または [更新] を選択します。

出席者による UCF メディアファイルの共有を許可する

   

トレーニングセッションのスケジュール時に、UCF マルチメディアプレゼンテーションまたはスタンドアロンの UCF メディアファイルとして、セッション中の Universal Communciation Format (UCF) メディアファイルの共有を出席者に許可することができます。 また、出席者によるセッション中の UCF メディアファイルの共有を禁止することもできます。 この場合、セッション主催者のみが (プレゼンタも兼任している場合に)UCF メディアファイルを共有することができます。

    

例えば、出席者にプレゼンテーションまたはドキュメントの共有は許可するけれども、不用意に非常に大きいサイズのメディアファイルが共有されるようなことを防止したい場合などに、UCF メディアファイルの共有を禁止します。

   
        
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションのオプション > オプションの編集] を選択します。
2    [Universal Communications Format (UCF)] の下で出席者による UCF メディアファイルの共有を許可するには、[出席者に UCF オブジェクトの共有を許可する] にチェックを入れます。
3    またはボックスにチェックを入れて出席者による共有を禁止します。
4    [保存] を選択して [セッションのオプション] ページを閉じます。
5    [スケジュール] または [更新] を選択します。       
重要             

出席者に UCF メディアファイルの共有を許可した場合、プレゼンタはセッション時にドキュメントの共有権限を出席者に割り当てる必要があります。

      
     
 

Attachments

    Outcomes