トレーニングセッションのスケジューリング時にブレイクアウトセッションを設定する

Document created by Cisco Localization Team on Nov 22, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 15, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

ブレイクアウトセッションのセットアップ

 

あなたのユーザーアカウント権限でブレイクアウトセッションを主催できる場合、Training Center スケジューラからブレイクアウトセッションの割り当てを設定することができます。 ここで出席者の事前割り当てを行うことや、後にトレーニングセッション内でこれらの設定を行うことができます。

  

ブレイクアウトセッションの参加者を事前に割り当てる

   

トレーニングセッションのスケジュール時に、トレーニングセッションの開催前にブレイクアウトセッションの出席者を事前に割り当てておくことができます。

    

スケジューラの [ブレイクアウトセッションの割り当て設定] セクションから次の操作ができます:

    
  •      

    トレーニングセッション前にブレイクアウトセッションの出席者を事前に割り当てるオプションを有効にする

         

  •      

    選択して Training Center があなたに代わってブレイクアウトセッション割り当てる

         

  •      

    トレーニングセッションのブレイクアウトセッションの数を指定する

         

  •      

    各ブレイクアウトセッションの出席者数を設定する

         

  •      

    登録の管理同様に、ブレイクアウトセッションに出席者を手動で割り当てることを選択する

         

    

重要


    
  •       

    トレーニングセッション開始前にブレイクアウトセッションの出席者を手動で割り当てるには、登録を有効にしなければなりません。

          

  •       

    ブレイクアウトセッションの数は 1 から 100 の間でなくてはなりません。

          

  •       

    認められるブレイクアウトセッションへの出席者数は、1 から 100 の間でなくてはなりません。 

          

    
   
      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[ブレイクアウトセッションの割り当て設定] にスクロールします。
2    [セッション事前割り当てを有効にする] を選択します。
3    次のいずれかを実行します:
  •       

    [セッション中に出席者を自動的に割り当てる] を選択し、ブレイクアクトセッションごとにブレイクアウトセッションまたは出席者数のうちのいずれかを設定するオプションを選択します。

          
  •       

    [ブレイクアウトセッションに登録出席者を手動で割り当てる] を選択します。 トレーニングセッションのスケジューリングが完了すると、登録の管理同様に出席者を手動で割り当てることができるようになります。 詳細については、登録出席者をブレイクアウトセッションに割り当てるを参照してください。

           

     

          
 

Attachments

    Outcomes