パイロット番号を使って WebEx ビデオミーティングに接続する

Document created by Cisco Localization Team on Dec 13, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jul 21, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

   

ビデオシステムまたはアプリケーションでミーティングに接続するには、ビデオアドレスにダイヤルする必要があります。 しかし、一部の端末ではフルビデオアドレスをダイヤルすることができません。例えば、123456789@example.webex.com あるいは joesmith@example.webex.com などです。123456789@example.webex.comjoesmith@example.webex.com この問題を解決するには、管理者が組織全体のパイロット番号を設定する必要があります。単純な数字の番号で、フルビデオアドレスを置き換えるものです。

VCS または Expressway のセットアップが完了している場合、ライセンスバイパス機能は呼び出されません。 管理者はお使いのサイトですべてのユーザーに十分なライセンスが付与されていることを確認する必要があります。

   

重要


WebEx ミーティングを開始または参加するための情報はミーティングの招待状、ミーティング情報ページ、パーソナル会議室ページで確認することができます。


    

        
1    ビデオのシステムまたはアプリケーションを開始する    
2    パイロット番号をダイヤルします。    
3    ミーティング番号が求められたら入力します。    
4    パスワード番号が求められたら入力します。          
重要            

パスワード番号は通常のスケジュール済みミーティングのみで必要で、パーソナル会議室のミーティングでは必要ありません。     

      
     
5    求められたら次のことを実行します:
  1.       

    あなたが主催者の場合、主催者キーと主催者 PIN をそれぞれ入力し、最後に # を押してミーティングを開始します。      

                      

  2.       

    あなたが主催者ではない場合、# を押してミーティングに参加します。      

                

 


Attachments

    Outcomes