Cisco Directory Connector にユーザーを追加して Cisco Spark サービスを割り当てる

Document created by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

Directory Connector でユーザーを同期する

Active Directory でユーザーアカウントを維持したい場合、対象となるユーザーアカウントを Directory Connector でクラウドに同期することができます。 これを行った後、いっくつかの方法によって一律にユーザーのサービスライセンスを追加できます。
はじめる前に    
      
1    顧客管理ポータルサイトから以下のうち 1 つを選択します。
  • 初回セットアップウィザードからユーザーの追加を行います。
  • ユーザータブ、その後ユーザー管理の順番です。
2    アドバンストを選択します。
3    Cisco Cloud Collaboration Managementに追加したいユーザーを含む Active Directory ドメインを入力します。
 

 

お使いの環境がマルチドメイン、マルチフォレストの場合は、 Directory Connector 管理ガイドの AD LDS セクションを参照してください。

  

Cisco Directory Connector を設定する

これらの構成手順は一例です。特定の問題に関しては、 Cisco Directory Connector 管理ガイド を確認してください。
             
1    顧客管理ポータルサイトから Cisco Directory Connector をお使いの Windows Server にダウンロードし、インストールしてください。 このタブはブラウザで開いたままにしてください。
2    Directory Connector のインストールウィザードのプロンプトに従ってください。
3    Directory Connector に Cisco Cloud Collaboration Management 管理者証明書でログインしてください。
4    Directory Connector ダッシュボードから構成タブを選択します。
5    同期したい情報を設定してください。
  1. 一般をクリックして名前、ログ、およびドメインコントロールを指定します。
  2. オブジェクト選択をクリックしてユーザーまたはグループを指定し、LDAP フィルタを指定します。
  3. 追加のタブを選択してポリシー、スケジュール、マップユーザー属性を設定し、アバターを選択します。
6    ポップアップメニューから適用をクリックし、設定変更をクリックします。
7    現在の同期状況をチェックしてディレクトリ同期が正常に動作しているかどうかを確認します。
8    ドライラン同期をクリックして個人設定を検証します。
9    検証が成功した場合: アクションメニューから 今すぐ同期 > 完全を選択し Active Directory からクラウド内にユーザーをプロビジョニング
10    ブラウザの管理ポータルサイトタブに戻り、select the ユーザータブを選択してユーザーが Active Directory から追加されたかどうかを検証します。  

ディレクトリ同期を通じて追加されたユーザーには、「;招待保留中」のステータスが表示されます。 その場合も、あなたがこれらのユーザーにサービスライセンスを割り当てるまでメールは送信されません。

  

ユーザーに Cisco Spark サービスを指定する

Directory Connector を通じてユーザー同期を完了した後、Cisco Spark サービスライセンスをすべてのユーザーに割り当てることができます。
         
1    顧客管理ポータルサイトから:
  • 初回セットアップウィザードに戻ります。
  • ユーザータブを選択し、その後ユーザー管理を選択します。
2    アドバンストをクリックし、同期ステータスに到達するまでプロンプトをクリックします。
3    更新矢印をクリックして、リストを再読み込みします。
4    [次へ] をクリックします。
5    最初にすべてのユーザーに適用したい Cisco Spark サービスを選択します。  
  •  

    ユーザーに Cisco Spark への参加とダウンロードを招待するメールが送信されます。

      

  •  

    ユーザーが組織に追加されるには、招待を受諾する必要があります。

      

  
6    ユーザーに割り当てられるサービスを変更します。  

すべてのユーザーに同一の Cisco Spark サービスを選択した場合、個別または一括で変更することができます。

  
 

Attachments

    Outcomes