通話サービスコネクトの IOS ベースの Media Termination Point を設定および登録する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ハイブリッド通話 通話サービスコネクトの IOS Media Termination Point を設定する

 

Out-of-Band (OOB) DTMF は、Cisco Spark CTI リモートデバイス付きの DTMF 共通運用に必要です。 デバイスが OOB をサポートしていない通話コントロール状況に登録されている場合、Unified Communications Manager はソフトウェア MTP を挿入します。

  

音声およびビデオの両方が正しく TC/CE ベースのエンドポイントに関与する通話に渡されるためには、パススルー設定された IOS ベースの MTP を使用しなければなりません。

  
はじめる前に

この手順の情報は、 IOS 構成の一般的な例を想定しています。 構成要件は、MTP 上の IOS の バージョンおよび通話コントロール環境によって異なります。

特定の IOS バージョン向けの構成ガイドについては、ここを参照してください。

      
1    MTP と Unified Communications Manager間の接続と優先順位を確立します。

例: 

sccp local GigabitEthernet0/0

  

sccp ccm 10.10.10.1 identifier 1 priority 1 version 7.0 (10.10.10.1 はプライマリコール処理ノードであり、「1」 の優先度は最高です。)

  

sccp ccm 10.10.10.2 identifier 2 priority 2 version 7.0 (10.10.10.2 はセカンダリリコール処理ノードであり、「2」 の優先度は低くなります。)

  

sccp

  

!

  
2    Unified Communications Manager グループを作成し、ノードをグループに関連付けてグループ内で優先順位を付けます。

例:

sccp ccm group 1

associate ccm 1 priority 1

associate ccm 2 priority 2

3    DSP ファームとコーデック パススルーを作成します。

例:

プロファイル 1 関連付けて登録 CUCM で登録した MTP  名} (この名前は Unified Communications Manager で設定したい MTP 名と同一である必要があります。)

!

!

dspfarm profile 1 mtp

description passthru mtp for call service connect

codec g711ulaw

codec pass-through

maximum sessions software 200

associate application SCCP

Unified Communications Manager の Media Termination Point 設定を設定する

MTP を IOS コマンドで設定した後、 Unified Communications Manager に登録し、MTP を通話サービスコネクト ユーザー間の通話中にビデオのデリバリーに失敗した TC/CE ソフトウェアベースのエンドポイントとしてメディアリソースにリンクする必要があります。
       
1    メディアリソース > Media Termination Point で、新しい Cisco IOS Enhanced Software Media Termination Point を追加し、設定した IOS MTP と全く同じ名前を入力します。
2    メディアリソース > メディアリソースグループ で、新しいグループを作成し、IOS MTP を 選択したメディアリソース フィールドに移動します。
3    メディアリソース > メディアリソースグループリスト で、新しいリストを作成し、メディアリソースグループを 選択したメディアリソースグループ フィールドに移動します。
4    以下のいずれかの手順を行ってください:
  • メディアリソースグループリストを通話環境でビデオに使用される可能性のある TC/CE エンドポイントを含むデバイスプールに関連付けます。
  • メディアリソースグループリストを通話環境でビデオに使用される可能性のある TC/CE エンドポイントに直接関連付けます。

Media Termination Point の登録の接続ステータスを確認する

登録手順を完了した後のどこかの時点で、IOS コマンドを使用してステータスを確認します。

以下のいずれかのコマンドを IOS MTP から実行する:
  • show sccp IOS から登録ステータスを見る
  • show sccp connections 通話が正しくパススルーしているかどうか検証する
  • show voip rtp connections 音声とビデオデータがリアルタイムトランスポートプロトコル (RTP) をパススルーしているかどうか検証する
 

Attachments

    Outcomes