Cisco Spark サービスのネットワーク要件(管理者)

Document created by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ネットワーク評価

Cisco Spark サービストライアルを開始する前に、パートナーを通じて顧客のネットワーク環境を評価するためのチェックリストとしてこの記事を使用してください。 パートナーの評価と推奨をサポートするには、https://mediatest.ciscospark.comで利用可能なCisco Spark ネットワークテストを実施し、パートナーに結果を提供します。

Cisco Sparkネットワークテストを実行

Cisco Sparkネットワークテストは現在のネットワークの状態をチェックするテストを実施します。 この結果は、現在の設定が Cisco Spark サービスの実行に最適かどうか示します。

    
はじめる前に     
  •  

    テストを正しく実行するには、Mozilla Firefox (バージョン 28 およびそれ以上) もしくは Google Chrome (バージョン 39 およびそれ以上)を使用することを推奨します。

      

  •  

    Cisco Spark サービスで分析したいネットワークに接続されているデバイスでこのテストを実施します。

      

       
1    ブラウザーでCisco Spark ネットワークテストを開きます。
2    画面上の指示に従い、ネットワーク接続に関するレポートを生成します。
3    クリップボードに結果をコピーして、テキストファイルに保存します。
4    分析と推奨の参照のためパートナーに結果を返信します。

ネットワークポートとホワイトリストの要件

より制限の厳しいファイアウォールを持つネットワークが、ネットワークで特定のポートを開くように求めます。

 

Cisco Spark サービスの IP アドレス範囲はダイナミックです。 クラウド提供サービスの状態により、これらは変更される可能性があります。 以下のテーブルでは特定の移動先に対して開く必要のあるポートが示されていて、これによりCisco Spark サービスはファイアウォールを通ることができます。

移動先の列でドメインエントリーを許可してください。

 

これらURLを許可リストに追加するようにして下さい:

全顧客向け 
  •  

    *.localytics.com—匿名分析とクラッシュデータのキャプチャ。

      

  •  

    *.rackcdn.com—コンテンツと会議室のストレージに使用。

      

  •  

    *.clouddrive.com—コンテンツと会議室のストレージに使用。

      

  •  

    *.webex.com—識別管理のためにCisco SparkをCisco WebExに接続しましょう。

      

  •  

    *.ciscospark.com—コアCisco Spark サービス。

      

  •  

    @ciscospark.com—Cisco Sparkメール通知が配信されていることを確認してください。

      

モバイルの顧客用

  • *.appsflyer.com—モバイルの広告パフォーマンスを測定するのに使用します。 ユーザーがCisco SparkをiOSもしくはAndroidで起動したとき、アプリはAppsFlyerに発信し、デバイスがリダイレクトサイトを訪問してマーケティングキャンペーン情報をレコードしたかをチェックします。

     

ウェブ顧客用

  
  • *.adobedtm.com—マーケ手ティングおよび分析タグを最適化し、中央一括管理するために使用されます。

      

  • *.omtrdc.net—これらキャンペーンと関連を持ったデジタルマーケティング、需要創出、Cisco Sparkサインアップを記録するために使用されます。 ウェブブラウザのCisco Sparkの顧客は、基本製品仕様遠隔測定法を送信し、参照ソースをomtrdc.netにあるAdobeの分析データ収集サーバーに記録します。

     

  • *.optimizely.com— ウェブブラウザークライアントで、Cisco Sparkユーザーエクスペリエンスを洗練するためにし\ようするA/Bテストツール ウェブ顧客がロードする際に、Optimizelyからアクティブエクスペリメントルールを復元し、テストするインターフェースの一部で、ユーザーの取るべきアクションとして、クライアントはマトリックスをOptimizelyに送信し、エクスペリメントのパフォーマンスを測定します。

     

  

組織が UDP トラフィックを許可することについて懸念を持っている場合、Cisco ASA ファイアウォールは、許可された UDP トラフィックのみを検証と許可するために、Cisco Spark とシームレスに協働します。 現在の環境での Cisco ASA ファイアウォールを検討するためには、Cisco の担当者にご連絡ください。

   
                                                    
 

顧客の種類

  
 

Protocol

  
 

ポート

  
 

移動先

  
 

機能

  
 

電話 (8800 および 7800 シリーズ)

  
 

UDP

  
 

123

  
 

0.tandberg.pool.ntp.org

  
 

ネットワークタイムプロトコル

  
 

TCP

  
 

443

  
 

*.huron-dev.com

  
 

HTTPS

  
 

UDP

  
 

3478

  
 

TURN ポートへの UDP SRTP

  
 

TCP

  
 

5061

  
 

SIP TLS Signaling

  
 

TCP

  
 

8443

  
 

HTTPS 構成

  
 

アプリ (Cisco Spark モバイル、ウェブおよびデスクトップアプリ)

  
 

TCP

  

UDP

  
 

Cisco Sparkのみのメディア用の5004もしくは334341

  

Cisco Sparkハイブリッドサービスメディア用の33434–33598

  
 

Any

  
 

RTP/SRTP

  

アプリ内通話およびスクリーンの共有では このポートかTCPおよびUDPの両方におけるポート範囲を開くことを推奨します。

  

5004を使用することをお薦めします。

  
 

TCP

  
 

443

  
 

identity.webex.com

  

idbroker.webex.com

  

*.wbx2.com

  

*.webex.com

  

*.ciscospark.com

  

*.clouddrive.com

  

*.crashlytics.com

  

*.localytics.com

  

*.rackcdn.com

  
 

HTTPS

  
 

コラボレーションデバイス (SX、DXおよびMXシリーズ)

  
 

TCP

  

UDP

  
 

Cisco Sparkのみのメディア用の33434

  

Cisco Sparkハイブリッドサービスメディア用の33434–33598

  
 

Any

  
 

RTP/SRTP

  

このポートかTCPおよびUDPの両方におけるポート範囲を開くことを推奨します。

  
 

TCP

  
 

443

  
 

identity.webex.com

  

idbroker.webex.com

  

*.wbx2.com

  

*.webex.com

  

*.ciscospark.com

  

*.clouddrive.com

  

*.crashlytics.com

  

*.localytics.com

  

*.rackcdn.com

  
 

HTTPS

  
1 素晴らしいパフォーマンスを確保するために、5004を使用ポートとして推奨します ポート33434では下位互換性支持を提供しますが、ポート33434を通じたトラフィックには一部のISPネットワークでスロットリングが発生する可能性があります。 Cisco Spark アプリは5004がブロックされている時のみ、33434を使用します。 33434向けのサポートはしばらくすると終了します。
 

プロキシ要件

 

Cisco Spark for Windows は、NTLM、Basic、Digest、および Negotiate プロキシ認証をサポートしています。 Kerberos はサポートされていません。

  

中間者攻撃を防止するために、ピン留めされた証明書を使用します。 攻撃者はciscospark.com(またはその他のドメイン)を真似た偽の証明書を送信しますが、異なるルートまたは中間認証機関を指定しています。 ここ でピン留めした証明書について詳細を.お読みください。

  

貴社のエンタープライズファイアウォールが HTTPS トラフィックを検査するように設定されている場合、Cisco Sparkは拒否すべき別のセキュリティ脅威があると考えます。 したがって、Cisco Sparkが使用するドメインについては、HTTPS トラフィック検査を無効化することをお勧めします。

  

Cisco Sparkはこれらドメインを使用するので、プロキシはそれらのHTTPSトラフィックを変更してはいけません。

  
  •  

    *.wbx2.com

      

  •  

    *.ciscospark.com

      

  •  

    identity.webex.com

      

  •  

    idbroker.webex.com

      

  

プロキシサーバーで使用する Mac のセットアップ

         

プロキシサーバーでCisco Spark for Mac  を使用するために、お使いの Mac で Web Proxy (HTTP) を [Wi-Fi] > [Proxies] で使用するように設定し、ウェブプロキシサーバーのアドレスのみならず、ユーザー名とパスワードを入力してください。 Passive FTP Mode (PASV) を使用するように選択していることを確認します。 ネットワークに物理的に接続されている場合は、[ETHERNET] > [Proxies] の下で同じ設定を行ってください。

   

注意


   

PAC ファイルはサポートされていません。   

   
   

制限

         
  • モバイルデバイス上のCisco Spark アプリはTCP フォールバックのみサポートします。

     

  • Cisco Spark 会議室システムメディアは、UDP トラフィックからポート5004およびポート33434がブロックされている場合、機能しません。

     

  •     

    今回は、プロキシの背後で Cisco Spark for iPhone and iPad を使用することはできません。    

        

  •     

    NTLM 認証がある McAfee Web Gateway バージョン 7.1 以前はサポートされていません。 これは基地の制約です。詳細は、https://community.mcafee.com/message/203859を参照してください。         

        

   

帯域幅の要件

             

帯域幅レベル

ランク

2 Mbps 以上

良い

2 Mbps 未満、100 Kbps 以上

普通

100 Kbps 未満

悪い

帯域幅のレベルはすべての Cisco Spark サービスに適用されます。 これらは特に帯域幅の要件をベースにしています。たとえば、Cisco Spark アプリによるビデオ通話の場合、サポートされる電話、またはルームシステムです。


注意


これらの帯域幅レベルは、音声のみ通話には必要ありませんが、ビデオ帯域幅の要件をガイドラインとして使用することを推奨します。


電話通話の帯域幅情報

電話の音声帯域幅

サービスが使用するコーデックによっては、音声限定卓上電話またはエンドポイントそれぞれに 80 Kbps 帯域幅を割り当てることを推奨します。

たとえば、1 つの接続に対し、音声に 80 Kbps を割り当てます。 10 個の同時接続では、800 Kbps を割り当てます。

電話のビデオ帯域幅

8800 シリーズ卓上電話がビデオ品質を決定します。 これらの電話は維持できる最高の帯域幅レベルを見つけ、必要に応じてこのレベルを上げ下げします。 帯域幅は 64Kbps から 2.5 Mbps まで変動します。

 

各ビデオデバイスに対し、最低 2 Mbps の帯域幅を割り当てることを推奨します (ビデオおよび音声ストリーム)。

たとえば、1 つの接続に対し、音声とビデオに 2 Mbps を割り当てます。 10 個の同時接続では、20 Mbps を割り当てます。

 

各電話に対する総帯域幅要件の例

オンサイトユーザー間の顧客の組織における通話は 2 つの同時接続と見なされます。

 

78xx シリーズなど、音声のみの電話では、1 台の電話あたり 80 Kbs 割り当てることを推奨します。 オンサイトの 2 人のユーザー間での音声通話には通話あたり 160 Kbs (2 つの接続) が必要です。

 

88xx シリーズなど、ビデオエンドポイントでは、ビデオエンドポイントあたり 2 Mbps 割り当てることを推奨します。 オンサイトの 2 人のユーザー間でのビデオ通話には通話あたり 4 Mbps (2 つの接続) が必要です。

 

注意


帯域幅の最低値を満たさない場合、メディアの品質が低下し、通話が途切れる場合があります。


 
たとえば、2 つのエンドポイントと 3 つの音声エンドポイントが展開されるトライアルで、トライアルは最低 4.24 Mbps をセットアップします。 帯域幅要件の計算方法は以下の通りです。
  • ビデオ—2 Mbps x 2

     

  • 音声—80 Kbps x 3

     

  • 合計—4 Mbps + 240 Kbps = 4.24 Mbps

     

    

Cisco Spark コラボレーションデバイスの帯域幅情報

 

モデルによってコラボレーションデバイスは最大3 Mbps、もしくは使用可能であれば6 Mbps使用できます。 全てのケースにおいて、ネットワークが限定される場合、システムは64 Kbpsくらい低い最小の帯域幅レベルを使用することができます。

  
  
             
 

モデルもしくはシリーズ

  
 

帯域幅

  
 

ビデオとコンテンツクオリティ

  
 

SX10

  

DX80

  
 

最大 3 Mbps

  
 

メインビデオ用720p30

  

コンテンツ用1080p5

  
 

SX20、SX80

  

MXシリーズ

  
 

最大 6 Mbps

  
 

メインビデオおよびコンテンツ用1080p30

  
  

ポイント・ツー・ポイント通話では2.2 Mbpsが割り当てられる場合、 コラボレーションデバイスが1080p30を送信します。 マルチポイント通話では、 3 Mbpsが1080p30を送信するよう求められます。

  

Cisco Spark コラボレーションデバイス SX10 インストールの環境要件

   

パートナーがトライアルの一部としてCisco Spark Collaboration Device (SX10)のインストールをサポートしている場合、この最低要件チェックリストをお使いください。

  
  •  

    スクリーン用一つとSX10用一つの少なくとも二つのパワーソケット。 PoEが使用可能な場合、そこを通じてSX10に動力を供給できます。

      

  •  

    SX10接続用に使用可能なイーサネットポート一つ。 このポートにはインターネットへのアクセスがあります。

      

  •  

    スクリーン一つ;  SX10の使用には最低でも44インチスクリーンを推奨します。 55インチ以上のサイズのスクリーンの使用は推奨しません。 大きすぎるスクリーンでは、推奨サイズにSX10をインストールするのが難しくなります・ 大型スクリーンを使用している場合、スクリーンの下でSX10をインストールすることを検討してください。 推奨搭載サイズにはインストールガイドをご参照ください。

      

  •  

    スクリーンの使用可能なHDMIポートもしくはHDMIスクリーンケーブルのアダプター。

      

  •  

    スクリーンのビルドインスピーカーもしくは外部スピーカー。 外部スピーカーは 3.5 mmのミニジャックアウトプットに接続っできます。

      

  •  

    スクリーンにスピーカーがない場合、外部スピーカーをSX10かスクリーンに接続します。

      

  •  

    壁に装着する場合は、ドリル、水準器、鉛筆、壁の種類に適切なネジ二つ。

      

  •  

    部屋に超音波を使うそのほかのデバイスを置くことは避けてください。 SX10のProximity のペアリングを妨害する可能性があります。 部屋にほかの コラボレーションデバイスを置かざるを得ない時は、SX10をCisco Spark アプリと使いたいときに、既存のデバイスのプロキシミティを無効化してください。

      

  

Cisco Spark サービスの追加要件

Active Directory サポート

     

Cisco Spark callは ID サービス機能を利用することで、アクティブディレクトリと統合し、ディレクトリからクラウドまで ID を同期します。

  

ケーブルのセットアップ

     

既存のケーブルのセットアップを見直して、十分な容量があることを確認することを推奨します。 例えばオフィスのコンピューターがすでに、10/100/1000 Mbps 接続をサポートする既存のイーサネットポートに接続されている場合、IP 電話に別のイーサネットポートが常に必要というわけではありません。

    

あなたの環境に合わせたソリューションを実現するため、Cisco 認定パートナーとケーブルが必要かどうか話し合ってください。

  

電源と UPS の可用性

     

既存および予定の電源コンセントおよび使用、ならびに無停電電源 (UPS) 機能を確認することを推奨します。 たとえば、PoE スイッチを使用しない場合、各エンドポイントの場所で適切な電源コンセントが利用できることを確認してください。

  

PoE (Power over Ethernet) サポート

     

Power over Ethernet (PoE) は必須ではありませんが、使用することを強く勧めます。 PoE が無い環境では、イーサネットを通したネットワーク接続だけでなく、エンドポイント用の IP 電話電源アダプタの使用が必要です。 環境に PoE が配線されていない場合、これらの電源アダプタはエンドポイントとともに顧客へ提供されます。 環境に適した互換性のある PoE スイッチについては、Cisco 認定パートナーにお問い合わせください。

  

SSO (シングルサインオン) サポート

   

Cisco Sparkサービス は SAML 2.0 対応 ID プロバイダとの SAML 2.0 フェデレーションをサポートします。

  

サポートされたSSOのID プロバイダのリストは、これら記事をご参照ください。

  

Voice VLAN 要件

   

Voice VLAN が構成されている場合、インターネット接続が必要です。

  

ボイスメールからメール要件

   

メールの SMTP は、正しく機能するためにボイスメールからメール機能の信頼のおける証明書で設定する必要があります。 TLS 接続および証明書の設定をこのツールを使用して有効化することができます。

  

Wi-Fi エンドポイント

  

電話の一部と Cisco Spark アプリは Wi-Fi 対応ですが、イーサネットを通してエンドポイントをネットワークへ接続することを推奨します。 有線接続でエンドポイントを接続することにより、サービスの高い品質と信頼性を確保できます。 Wi-Fi で動作する電話には電源アダプタが必要です。

 

Attachments

    Outcomes