パートナーへの問題の報告とヘルプ URL を追加する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

   

顧客または顧客のユーザーが Cisco Spark で問題に遭遇する場合があります。 問題が発生した場合、ユーザーは Cisco Spark アプリ内あるいは My Cisco Spark (my.ciscospark.com) から、管理者の場合は管理ポータルからフィードバックを送信することができます。 デフォルトでは、フィードバックは直接 Cisco に送信され、サポートチケットが提出されます。 その後、Cisco がユーザーに連絡して、サポート チケットが受理されていることと、後日問題への解決策を提示する旨を伝えます。 当社に代わって Cisco Spark サポートチケットの受理と対応をパートナーが行い、直接顧客へのサポートを提供するには、パートナーのサポート サイトの URL を指定してサポートの設定をカスタマイズすることができます。 サポートの設定をカスタマイズする場合、顧客と顧客のユーザーから提出されるサポート チケットがパートナーのサポート チケット フォームにリダイレクトされます。

    
開始する前に

               

指定するサポート サイトの URL は、有償版およびトライアル版を区別することなく、すべての顧客に使用されます。

   

      
1    Cisco Cloud Collaboration Management から、[設定] タブを選択します。
2    [サポートのセットアップ] > [問題のレポート] の下に、サポート情報の送信先となる URL を入力します。 [ヘルプ サイト] にも同じように URL を入力します。  
3    [保存] をクリックします。      

ユーザーおよび管理者がフィードバックを送信する場合や、ヘルプ ドキュメントにアクセスする場合には、入力したこれらのカスタム URL が開くようになります。

                 
 


Attachments

    Outcomes