パートナーまたは顧客の組織に手動でユーザーを追加する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

顧客に代わって手動で Cisco Spark にユーザーを招待する場合や、自分のパートナー組織にユーザーを追加する場合には、この手順を使用します。

開始する前に

        
1    パートナー管理ポータルから、[顧客] を選択し、以下のいずれかのタスクを実行します:
  • 顧客を選択し、[顧客の表示] または [顧客のセットアップ] を選択します。
  • 自分のパートナー組織を選択し、[自分の組織を表示する] を選択します。
2    顧客管理ポータルから、以下のいずれかを選択します:
  • 初期設定ウィザードから[ユーザーの追加]
  • [ユーザー] タブにある [ユーザーの管理]
3    [手動でユーザーを追加する] を選択してから、[次へ] をクリックします。
4    以下のいずれかのタスクを実行します:
  • [メール アドレス] を選択し、ユーザーのメール アドレスを入力するか、コピーして貼り付けます (一度に最大 500 人分のメール アドレスを追加することができます)。
  • [名前とメール アドレス] を選択し、名前とメール アドレスをコンマで区切って入力します。
5    サービス リストから、前のステップで追加した各ユーザーに割り当てる Cisco Spark サービスを選択し、[保存] をクリックします。  
  •  

    各ユーザー宛てに、Cisco Spark への参加とアプリのダウンロードを求める招待メールが送信されます。

      

  •    

    Cisco Cloud Collaboration Management では、招待されたユーザーが初めて Cisco Spark にサインインするまで招待保留中として表示されます。

      

  
 


Attachments

    Outcomes