ルーム デバイスのスピーカー トラッキングのオン/オフの切り替え

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Cisco Localization Team on Jul 10, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode
  

 

スピーカー トラッキングは、MX700、MX800、および SX80(SpeakerTrack 60 カメラと一緒に使用する場合)で使用できます。

  

スピーカー トラッキング カメラ システムでは、内蔵のマイク アレイと連動する 2 台のカメラが使用されます。 システムが話者を追跡して表示するため、[カメラ操作(Camera Control)] メニューや [カメラ プリセット(Camera Presets)] を使用して拡大/縮小する必要がありません。

  

スピーカー トラッキングがアクティブでも、カメラ位置プリセットを引き続き使用できます。 ただし、スピーカー トラッキング モード中にカメラ位置プリセットをタップすると、いずれかのカメラがそれに反応して、スピーカー トラッキングが非アクティブになります。

  

マイクがミュート状態の場合は、スピーカー トラッキングが機能しません。

  

      
1    右上の [カメラ(Camera)] を選択します。
2    スピーカー トラッキングのオン/オフを切り替えます。
3    メニュー以外の場所をタップして終了します。
 


Attachments

    Outcomes