Cisco Spark アプリはルーム デバイスに自動的に接続する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Cisco Localization Team on Jul 10, 2017
Version 5Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Spark ルーム デバイスと同じ部屋にいる場合は、Cisco Spark アプリが自動的にルーム デバイスとペアリングします。 接続が確立されたら、このアプリを使用してルーム デバイス上でコールを開始できます。 アプリをオフにするか、部屋から出ると、アプリはルーム デバイスからペアリング解除されます。 ペアリング解除には最大 2 分かかることがあり、この間は、ルーム デバイス画面に自分のアバターが引き続き見えます。

モバイル アプリがルーム デバイスとペアリングされていることを確認する方法は、次の 2 つです。

  • ルーム デバイスがスペース リストの一番上に表示されます。

  • ルーム デバイス画面に Cisco Spark アプリ アバターが表示されます。

モバイル デバイスが超音波信号を傍受することにより、ルーム デバイスを検出します。

アプリ、およびルーム デバイスへの接続は、Windows と Mac に加えてほとんどの Android デバイスや iOS デバイスで機能します。

注:

  • モバイル デバイスでは、アプリの [超音波近接(Ultrasound Proximity)] をオンにする必要があります。これは [設定(Settings)] の下にあります。

  • モバイル デバイスでの録音を可能にします。

  • 接続が機能するためには、部屋の中で超音波を使用するルーム システムが 1 つだけ必要です。

関連記事:

アプリを使用したルーム デバイスでの発信の詳細については、『Make Calls on a(コール発信)』の記事を参照してください。

アプリの詳細については、『Getting Started with Cisco Spark App(Cisco Spark アプリを初めて使用する)』の記事を参照してください。




Attachments

    Outcomes