ルーム デバイスでのラップトップからのコンテンツの共有

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Cisco Localization Team on Jul 10, 2017
Version 4Show Document
  • View in full screen mode

コール中には、Cisco Spark ルーム デバイスを使用して、自分のラップトップ画面をリモート参加者と共有することができます。 コール中以外の時は、ルーム デバイスを使用して、プレゼンテーションを会議室内でローカルに共有することができます。 Cisco Spark のアプリケーションがルーム デバイスとペアリングされていれば、ワイヤレスでの共有が可能です。 Windows アプリと Mac アプリの両方で、同じ部屋にあるルーム デバイスと接続することができます。 ラップトップとルーム デバイスを HDMI ケーブルや VGA ケーブルで接続する方法もあります。

いずれの場合も、Proximity ペアリングによってアプリケーションが自動的に接続します。 ペアリングされると、デスクトップ アプリのルーム リストの上にルーム デバイスが表示されます。ペアリングの詳細については、『Cisco Spark App Automatically Connects with Room Devices(Cisco Spark アプリの自動接続)』の記事を参照してください。

Cisco Spark に登録済みのルーム デバイス上では、Cisco Proximity を使用してコンテンツを共有することはできません。

ワイヤレス共有

  1. デスクトップ アプリがルーム デバイスとペアリングされた状態で、アプリケーションの右上隅にある[共有(Share)]アイコンをクリックして、

  2. 共有先のデバイスを選択します。

  3. 共有のアイコンをクリックして、共有を開始します。 共有が開始されたら、ルーム デバイス画面で通知を確認できます。 共有アイコンが灰色の場合は、共有が使用不可です。

  4. 共有を停止するには、ラップトップ画面の一番上にある [共有の停止(Stop Sharing)] ボタンをクリックします。

ケーブルを使用した共有

  1. ラップトップまたはその他のプレゼンテーション ソースが電源オンになっており、ルーム デバイスの HDMI または VGA ポートに接続されていることを確認してください。

  2. ホーム画面で、[共有(Share)] ボタンに移動してそれを選択します。

  3. 共有するソースに移動します。 コンテンツのプレビューを表示できますが、まだ共有しているわけではありません。

  4. [OK] を押すと共有が開始します。

  5. 共有画像を最小化または最大化するには、画面上の [最小化/最大化(Minimize/Maximize)] ボタンを選択します。

  6. 共有を停止するには、 [共有の停止(Stop Sharing)]を選択します。




Attachments

    Outcomes