iPad 版、iPhone 版、Apple Watch 版 Cisco WebEx ミーティングのリリースノート

Document created by Cisco Localization Team on Mar 8, 2017Last modified by Cisco Localization Team on Jul 17, 2017
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

iPad版、iPhone版、Apple Watch版Cisco WebExミーティングのリリースノート

新機能

ミーティング 9.12の新機能を教えてください。

   

このアップデートにはマイナーなユーザビリティ改善とバグフィックスが含まれています。

  

ミーティング 9.11の新機能を教えてください。

   
 

ミーティング開始と参加のパフォーマンス改善

  

ミーティングの開始または参加にかかる時間が最大 4 秒短縮しました。

  

アプリ設定から設定できるホーム画面の参加通知

  

iOS ユーザーはホーム画面の参加通知をアプリ設定画面から簡単に有効化や無効化することができます。

  

シングルサインオンに対応した埋め込まれた Safari ブラウザ

  

参加がさらに簡単になりました。連動したブラウザの外部での起動が不要になり、その代わりに、Safari View Controller の使用によって WebEx アプリにブラウザが埋め込まれました。 WebEx シングルサインオン (SSO) とパーソナル会議室がアプリ内で起動するようになりました。

  

ビデオシステムへのコールバックに正式に対応しました

  

ビデオシステムの検索オプションはベータではなく、正式にサポートされました。

  

以前のリリースで、簡単で素早くミーティングにローカルビデオシステムを接続できる新しいコールバックオプションを含む、ユーザエクスペリエンスが向上しました。

  

新しいオプションであるビデオシステムの検索が近場のビデオシステムを検出し、接続します。これは Proximity が有効でオンプレミスシステムが登録されている必要があります。

  

iOS 10.3 のサポート

  

Cisco WebEx Meetings が Apple iOS バージョン 10.3 に対応しました。

  

ミーティング 9.10の新機能を教えてください。

   

ミーティング参加エクスペリエンスの向上

  

ミーティング参加のワークフローが改善され、アプリにログイン後すぐにミーティングに参加できるようになりました。

  

フランス語翻訳

  

フランス語のユーザーは、すべての端末の Cisco WebEx Meetings で、Event Center、Meeting Center、Training Center のフランス語のラベルと製品名が表示されるようになりました。

  

ミーティング開始と参加のパフォーマンス改善

  

ミーティングの開始または参加にかかる時間が短縮しました。

  

ミーティング 9.9

   

出席者用投票のサポート

  

出席者用投票が iPhone および iPad 版 Meeting Center、Event Center、Training Center に対応しました。

  

南米スペイン語のサポート

  

iPhone および iPad で南米スペイン語に対応しました。

  

Apple Watch Series 2 のサポート

  

WebEx ミーティングが Apple Watch Series 2 に対応しました。

  

IBM Connections Cloud のサポート

  

iPad および iPhone 版の WebEx ミーティングが IBM Connections Cloud からのコンテンツの共有に対応しました。

  

ミーティング 9.8

   

高解像度ビデオ

  

ミーティングビデオの高解像度表示でのユーザエクスペリエンスが向上しました。 Apple iPad および iPhone で最大 720p の解像度に対応しました。

  

マイミーティング一覧が Cisco WebEx Event Center および Training Center ミーティングに対応しました。

  

以前のマイミーティング一覧は WebEx Meeting Center ミーティングにのみ対応していました。 今は Cisco WebEx Event Center および Training Center ミーティングも同様に表示されます。

  

より便利になった参加の通知

  

ユーザーはロック画面上で受け取った通知から進行中のミーティングに参加できるようになりました。もちろんモバイルアプリからも参加できます。

  

複数言語に対応した Apple Watch

  

Apple Watch 上の WebEx ミーティングが複数言語に対応しました。

  

カスタマイズされた国名一覧と国旗

  

モバイル CCA-SP (Cloud Connected Audio Service Provider) ミーティングでカスタマイズされた国名一覧と国旗の表示に対応しました。

  

MP4 ビデオのサポート

  

モバイルユーザーは MP4 形式のネットワーク録画を表示したり、オフライン表示のためにダウンロードできるようになりました。 ユーザーは MP4 形式ビデオのみ表示できます。 WebEx アドバンスト録画形式 (ARF) ファイルをオフラン表示に対応するには、ファイルを MP4 形式に変換し、それから WebEx サイトにアップロードする必要があります。

  

ミーティング 9.7

   

音声メニューアイテム

  

音声メニューの文言がわかりやすくなりました。 インターネットを使ってミーティングの音声に接続する [インターネット通話] がメニューに表示されます。

  

強化された音声

  

ミーティング中の音声制御を強化するために 2 つの改善が追加されました。

  
  •  

    ミーティング中にロック画面からミュートまたはミュート解除できるようになりました。

      

  •  

    ヘッドセット使用時に再生と一時停止のボタンを使って音声を制御できるようになりました。

      

  

重要


 

ロック画面でのミュートとミュート解除は iOS 9.x 以前では対応していません。

  
  

ホームページを記憶する

  

WebEx ミーティングは前回のセッションからホームページを記憶するようになりました。 アプリに戻ったとき、またはアプリを再開したときに最後にアクセスしたページが最初に表示されます。

  
  •  

    マイミーティング

      

  •  

    パーソナル会議室の開始

      

  •  

    最近

      

  

iOS10+ ウィジェットのサポート

  

WebEx ミーティングが iOS ウィジェットに対応しました。 iOS 10 以降の環境であれば基本的な機能に対応しています、例えば:

  
  •  

    本日開催予定のミーティングを見る

      

  •  

    WebExミーティングに参加する

      

  •  

    ミーティングを開始する

      

  

端末のカレンダーにあるミーティングと WebEx ミーティング一覧上のカレンダーはウィジェットに転送されます。 ミーティングをタップして参加または開始する時にログインしていない場合、ログインが求められます。

  

[編集] ボタンをタップすると設定可能なウィジェットの一覧が表示されます。

  

Apple Watch 版でのパーソナル会議室のアバター

  

Apple Watch のパーソナル会議室と参加者一覧でアバターが表示されるようになりました。

  

上位連携

  

Cisco および Apple の開発チームが、企業ネットワークで使用される iPhone と iPad でアプリとボイスの優れたエクスペリエンスを提供するために連携して開発を行っています。 Cisco ネットワークと iOS 端末の両方が最適化されることで効率的かつ信頼がおける連携が生まれ、ユーザーに優れたパフォーマンスとエクスペリエンスを提供します。

  

さらに Cisco と Apple が連携することで Cisco ボイスとビデオ環境下で iPhone をより優れたビジネスコラボレーションツールにすることができます。ユーザーは iPhone と卓上電話間でシームレスなエクスペリエンスを楽しむことができます。

  

Apple との連携により Cisco はモバイル型、クラウド型、オンプレミス型のコラボレーションツール (Cisco Spark™、Cisco Telepresence® および Cisco WebEx® など) でのシームレスなチーム連携を提供するため、そして会議エクスペリエンスを再定義するため、iOS に最適化されたエクスペリエンスを提供できます。

  

Xcode 7 から Xcode 8 へのアップグレード

  

Xcode は iOS アプリ開発用の Apple の統合型開発ツールです。 iOS 10 の新機能であるウィジェットに対応するため、WebEx は Xcode 7 から Xcode 8 へのアップグレードを行いました。

  

ミーティング 9.6

   

 

  

最近使用されたパーソナル会議室ビューが改善されました

  

「最近」のパーソナル会議室ビューに2つの新機能が備わりました:

  
  •  

    選択した最近のパーソナル会議室を編集する編集リンク

      

  •  

    選択した最近のパーソナル会議室の複数削除

      

  

コンテンツ共有中のパフォーマンスが向上しました

  

ファイルのサイズおよびタイプにより30%-50%のメモリ使用量が軽減され、ミーティング中のコンテンツ共有のパフォーマンスが改善されました。これによりWebExアプリは大きなファイルにも対応しました:

   
                
 

ファイルサイズ

  
 

メモリ使用の軽減量

  
 

PPT (287KB)

  
 

33.3%

  
 

PPT (1.1MB)

  
 

33.6%

  
 

PPT (5.1MB)

  
 

50.9%

  
 

Word (136KB)

  
 

46.3%

  
  

カレンダー用にメールの件名中のミーティング URL を読み込みます-破棄されたミーティング

  

端末カレンダーから排除されたミーティング(破棄されたミーティング)が [マイミーティング] 画面に表示されるときにミーティングの件名が含まれます。

  

ミーティングの件名にURLしかなくても [マイミーティング] 画面にミーティングが一覧表示されるようになりました。

  

[友達に教える] の変更

  

ヘルプメニューの [友達に教える] はiOS共有リンクアクションに置き換えられました。 WebEx アプリのダウンロードリンクはメール、メッセージング、または Facebook、Twitter などのソーシャルメディアを使って友達と共有することができます。

  

国際番号一覧中の既定の電話番号

  

エクスペリエンス向上のため、既定電話番号(DTN)が他の国際番号同様に国際コールイン番号に一覧表示されます。

  

モバイルネットワーク使用時のビデオ表示の改善

  

モバイルネットワーク使用中のミーティングでも発言中の参加者ビデオの下に他の参加者のビデオを一列に並べて表示できるようになりました。 この機能はWiFiネットワーク使用時に限り以前から利用できていましたが、今回はモバイルネットワークにも対応しました。

  

ミーティング 9.5

   

最新のユーザインタフェース

  

インタフェースが更新され、他の Cisco コラボレーション製品のインタフェースとの一貫性が高まりました。 ミーティング中のインタフェースのアイコンや色彩と同様にミーティング前のインタフェース全体が更新されました。. これらの更新には、自分のパーソナル会議室やサイト上の最近訪問したパーソナル会議室への簡単かつシームレスなアクセスが含まれています。

  

iPad の画面分割に対応

  

iPad Air 2、iPad mini 4、または iPad Pro ユーザーはもう一方の分割画面上で別のアプリを起動することができるようになりました。WebExミーティングとの接続は保たれたままになります。

  

MP4 ストリーミング録画再生のサポート

  

お使いの端末がストリーミング MP4 形式に対応している場合、MP4 ミーティング録画はビデオシステム(旧称 CMR Cloud ミーティング)からの参加に対応する Meeting Center ミーティングでのみ利用できます。 ログインサポートによりアクセスを制限して録画を安全に保管します。 WebEx ARF 形式のミーティング録画はモバイル端末での再生では利用できません。

  

iPhone ウェブコンテンツ共有

  

iPad でのみ利用できていたコンテンツ共有が iPhone にも対応しました。 Box、DropBox、Google Drive などのクラウドストレージサービスまたは iPhone からファイルを共有することができます。

  

ビデオコールバック使用時の参加者リストがシンプルに

  

ビデオコールバックの使用時に TelePresence ユーザー名と WebEx ユーザー名の両方が参加者リストに表示されていました。 参加者リスト上で両方表示されていたユーザーが統一されました。

  

ビデオおよび音声のコールバック番号が記憶されます

  

ビデオコールバック用の最近5件のビデオアドレスおよび音声コールバック用の最近5件の電話番号が記憶されます。

  

簡単なログイン

  

共通IDユーザーのログイン時にブラウザ上でメールアドレスが自動的に入力されます。

  

iOS 10 での検証

  

iOS 10 でWebExミーティングが検証され、主な問題は見つかりませんでした。

  

watchOS 3 での検証

  

watchOS 3 で WebEx ミーティングが検証され、主な問題は見つかりませんでした。

  

パーソナル会議室の代理主催者

  

WBS31.6 の一部として、ミーティング主催者にパーソナル会議室の代理主催者を指名する機能が追加されました。 このオプションはサイト管理者により制御され、既定で有効になっています。またこの機能はモバイルアプリから参加するユーザーにも対応しています。

  

主催者は WebEx サイト上の「基本設定」ページでパーソナル会議室ミーティングの代理主催者にするためのユーザーを指定することができます。 代理主催者は、主催者と同じサイトで主催者アカウントを取得している必要があります。 主催者がミーティングを開始できない場合、代理主催者がミーティングを開始することができます。

  

Meeting Center ミーティングの代理主催者

  

WBS31.6 の一部として、主催者はサイト上にアカウントを持つユーザーを主催者に指名して Meeting Center ミーティングを開催させることができるオプションを選択できるようになりました。 主催者がミーティングを開始しない場合、サイト上にアカウントを持つ最初の出席者がミーティングを始めることができます。 このオプションはサイト管理者により制御され、既定で有効になっています。

  

重要


 

代理主催者は TelePresence からミーティングを開始することができません。

  
  

未認証ユーザーの手動での入室許可

  

この新しいサイト管理オプションを使えば、ロック解除されているパーソナル会議室にサインインしている出席者の入室を許可することができます。しかし、未認証の出席者は主催者による入室が許可されるまではロビーで待機する必要があります。 サイト管理者は、未認証の出席者が、指定期間内(既定では最近2週間)にサインインしたことがある場合に、ロック解除されている会議室に入室することを許可するオプションに例外的に許可することもできます。 このオプションは、デスクトップアプリまたはモバイルアプリから参加するユーザーに適用されます。電話からコールインまたはビデオシステムからダイヤルインして参加する出席者はロック解除されているパーソナル会議室に入ることができます。

  

このリリースで解決したバグ

バージョン 9.7 でのバグフィックス

    
                
 

バグの番号

  
 

説明

  
 

CSCvc16985

  
 

ユーザーが [招待] ボタンを押すと iPhones 版の WebEx アプリが不安定になり、さらに iPad 上の [読み込み中] がすぐに表示されるが [出席者を招待] ウィンドウが表示されない問題を修正しました。

  
 

CSCvb88866

  
 

パーソナル会議室のプレミーティングでのコールインの手順が不適切に形式化されている問題を修正しました。

  
 

CSCvc17144

  
 

設定ページのコーチマークが表示されている状態でユーザーがログインまたはミーティングに参加のページに移動できてしまう問題を修正しました。

  
 

HD0009322079

  
 

通信サービス時の Apple 規定である 90p の制限により TelePresence 端末で iOS 端末ユーザーが表示されない問題を修正しました。 現在はこの制限が廃止されたため、ミーティング 9.7 は 90p 以上にも対応しました。ミーティング 9.6 および最新版は WBS31 以降のサイトで 90p 以上に対応しています。

  
  

バージョン 9.6 でのバグフィックス

    
                            
 

バグの番号

  
 

説明

  
 

CSCvb83853

  
 

ミーティングアプリが背後で実行されている時に iOS 端末の参加者がビデオを送信すると、ビデオの最後のフレームで電話会議アプリケーションが反応しなくなる問題を解決しました。

  
 

CSCvb81674

  
 

Training Center で iOS 端末からのコンテンツの共有中、ミーティングアプリが「ブレイクアウトセッションが進行中のため、モバイル端末にあるコンテンツは共有できません。」というメッセージをたまに表示する問題を解決しました。

  
 

CSCvb81547

  
 

参加者リストの表示中に iOS アプリの通話切断後、主催者がミーティングを終了するとアプリが不安定になる問題を解決しました。

  
 

CSCvb81356

  
 

iPhone からの共有でユーザーが参加者リストの「その他」をタップするとアプリケーションが不安定になる iOS 8 限定の問題を解決しました。

  
 

CSCvb79537

  
 

デスクトップミーティングアプリケーションがWebEx録画ファイル(WRF) を共有した後、iOS 端末を使用している参加者は共有ドキュメントを表示できない問題を解決しました。

  
 

CSCvb68619

  
 

iPhone からの共有時に W11 low touch サイトから Premium サイトへのアップグレードのメッセージが表示されない問題を解決しました。

  
 

CSCvb67077

  
 

T31R2SP8 テレプレゼンスで開催されるパーソナル会議室に参加する時に iOS 端末でビデオが機能しなくなる T31R2SP8 の問題を解決しました。

  
 

WO0000000122202

  
 

iPad を使ってミーティングに参加すると録画のビデオが表示されない問題を解決しました。

  
  

バージョン 9.5 でのバグフィックス

    
          
 

バグ番号

  
 

説明

  
 

CSCva25257

  
 

iPhone からミーティングに参加する主催者がネットワーク録画を使用するとサーバーがネットワーク録画の音声を受信しない問題を修正しました。

  
 

CSCuz75441

  
 

コールバック機能の参加時のミュートが正しく機能していない問題を修正しました。

  
  

既知の問題と制限

既知の問題

   

シングルサインオンおよび共通 ID が有効なサイトでのハンドオフへのデスクトップアプリケーション

  

シングルサインオンおよび共通 ID が有効なサイトでは iPhone からデスクトップアプリケーションへのハンドオフがサポートされません。

  

重要


 

ユーザービリティに絡む問題により、iPhone によるデスクトップアプリケーションへのミーティングハンドオフの機能を一時的に排除しました。

  
  

iOS 10.3 アップグレードによる影響

  

iOS 10.3 の Safari のビヘイビアが変更されたため、今のところ iOS 10.3 へのアップグレードは推奨していません。

  

お使いの端末がすでに iOS 10.3 にアップグレードされている場合、登録完了後、もとの起動ページが開いている状態では Training Center または Event Center から WebEx アプリを起動しないでください。 WebEx アドレスが含まれる Safari のタブやページを閉じることで、この問題を回避できます。 こうすることで、[タブを開く/キャンセル] で再度開くことができます。

  

iPod touch には対応していません

  

Cisco WebEx ミーティングは Apple iPod touch へのサポートを終了しました

  

watchOS 3.1.1 には対応していません

  

Cisco WebEx Meetings は Apple watchOS 3.1.1 に対応していません。 この OS の使用時に WebEx ミーティングアプリで問題が発生する場合、watchOS の安定したバージョンに戻すことをお勧めします。

  

アップグレード後に iOS 端末でアクセスが拒否される

  

iOS 端末からミーティングに参加することができず、[お使いのバージョンの WebEx アプリケーションは現行の WebEx サービスと互換性がありません。今すぐアプリケーションをアップグレードしますか?] というエラーメッセージが表示されます。 モバイルアプリがアップグレードされるとセキュリティオプションが安全なアクセスを確保するためにこれが実行されます。 回避するには、Cisco 管理者に [Enforce secure access after all Mobile client upgrades] のオプションを無効にするよう要求してください。

  

アップグレード後に Apple Watch のミーティングアプリが不安定になる

  

アップグレードまたは再インストール後に Apple Watch から初めてパーソナル会議室またはミーティングに参加する時、ミーティングモバイルアプリが不安定になったり応答がなくなったりする場合があります。 この問題を回避するには、アプリを再起動してください。

  

通話画面から退出できない

  

Apple Watch OS 3.1.1 で PSTN 音声の使用中、通話画面から他のアプリ画面に移動できない。 この問題をを回避するには、iPhone 通話状態バーをタップして iPhone 端末画面に戻ってください。

  

音声の既定が Apple Watch スピーカーになる

  

Watch で PSTN 音声に応答すると、ヘッドフォンなどの別の端末がプラグインされていてる状態でも音声の既定が Watch スピーカーになります。 これは Apple Watch のビヘイビアによるものです。

  

以前の既知の問題

   

音声自動接続の制限

  

設定で指定している音声接続タイプがミーティング音声タイプでサポートされていない場合、音声自動接続が機能しません。

  

ミーティングの音声タイプが VoIP のみで CMR が有効になっていない場合、インターネットを使った音声自動接続は機能しません。

  

共有ビデオファイル表示の制限

  

電話から音声会議に参加する場合、共有名ディアファイルからの音声は聞こえません。

  

プレゼンタが FLV ファイルを共有している場合、ビデオの部分は見ることができません。

  

SVS の再生中に背面からアプリを切り替えると、ビデオの部分が中心にならない場合があります。

  

ビデオコールバックの制限

  

ビデオコールバックを使ってビデオシステムに接続する時、参加者リストとビデオストライプに同じユーザーが 2 つ表示されます。 1 つは元の参加者でもう 1 つはビデオシステムのものです。

  

ビデオコールバックを使ってビデオシステムに接続され、同じビデオシステムから共有している場合、共有に絡んだ問題が発生します。

  

iOS 9.Xセキュリティポップアップダイアログボックス

  

iOS 9 以降、シングルサインオンを使ってログインしたり、WebEx ミーティングリンクを選択すると、ポップアップのダイアログが開き、[WebEx でこのページを開いてください] という要求が表示されます。

  

Watch OS1 に未対応

  

このバージョンの Apple Watch 版 WebEx Meetings アプリを使用するには、Watch OS2 にアップグレードしてください。

  

パーソナル会議室のロビーと会議室ロックの後方互換問題

  

主催者がパーソナル会議室に正式に対応していないバージョン(WebEx Meetings for iPad および iPhone v7.0)の iOS アプリを使用している場合、出席者が最新版のアプリケーションを使用していたとしても、主催者はロビーにいるユーザーを管理することができません。

  

Verizon 通信回線で電話会議の通話が接続すると WebEx アプリが切断される

  

お使いの通信キャリアが音声とデータの同時使用をサポートしていない場合、ユーザーが電話回線を使って音声会議に参加すると切断されます。

  

WebEx ビデオのビデオエクスペリエンス

  

iPhone または iPad を使用している場合、発言者を表示モードで TelePresence システムのビデオのみ表示することができます。 モバイルデータまたは携帯通信ネットワークで iOS を使用している場合、TelePresence システムはビデオを表示できません。

  

電話を着信すると WebEx VoIP が切断される

  

iPhone 版 WebEx ユーザーが VoIP(Wi-Fi または携帯データ通信)または「インターネットを使って接続」を使った音声を使用している時に着信すると VoIP 音声セッションが切断されてしまいます。 しかし音声セッションには再接続することができます。

  

TelePresence とのチャット

  

TelePresence ユーザーとのチャットは利用できません。

  

音声/ビデオシステムの問題

  

技術的な制限により音声とビデオの非同期が発生する場合があります。

  

サイト設定で無効にしているにもかかわらず、ミーティングの詳細にトールフリー番号が表示される

  

サイト設定で非表示に指定しているにもかかわらず、アプリでトール番号が表示されます。

  

TelePresence ミーティングオプションが一覧表示される

  

サイト管理者により TelePresence サポートが無効にされている状態でも Cisco WebEx OneTouch ミーティングのセットアップが TelePresence ミーティングオプションを表示します。

  

TelePresence が無効になった後も TelePresence ミーティングを開始することができる

  

サイト管理者により TelePresence サポートが無効にされているにもかかわらず、TelePresence ミーティングを開始することができます。

  

近接通信の連携(ベータ)

  

この連携はCMR Hybrid に対応していません。 対応しているのは CMR Cloud ミーティングおよび CMR Cloud 対応パーソナル会議室ミーティングです。

  
 

Attachments

    Outcomes