Cisco Spark Meeting Notes でミーティングの生産性を向上

Document created by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

 

最も生産性の高いミーティングは、ミーティングの目的が明確で、関連性のあるアジェンダがあり、誰にでもわかるソリューションやアクション アイテムが用意されています。 Cisco Spark Meeting Notes を活用すれば、チーム メンバーの勤務地や勤務時間が異なる場合でも、かなり生産性の高いミーティングを行うことができます。

  

ミーティングとそのアジェンダ (議題と予定表) を作成し、メモを作成し、アクション アイテムをメンバーに割り当てることができるだけでなく、通知をセットアップしてアクション アイテムの経過をフォローアップすることもできます。

  

        
1    http://notes.ciscospark.com にアクセスします。
2    アカウントを作成します。
3    サインインする方法を選択します。
4    仕事の打ち合わせをスケジュールするために Google カレンダーまたは Office 365 を使用している場合は、そのカレンダーに接続して連携させます。
5    カレンダーから既存のミーティングを選択するか、新規ミーティングを追加します。 カレンダーにミーティングがリンクされたら、ミーティングのアジェンダやメモを作成することができます。 アジェンダがまだ決まっていない場合は、テンプレートを使って簡単に作成できます。
次にすべきこと

 

Cisco Spark Meeting Notes と Cisco Spark を連携すると、Meeting Notes のボットがあなたとの 1 対 1 の会話をセットアップします。 今後のミーティングについてボットから通知が届くようになります。 ボットを使って今後のミーティングのノートを確認したり、新規ミーティングを簡単に作成することができます。

  

質問がある場合は、notes@ciscospark.com までお問い合わせください。

  
 


Attachments

    Outcomes