サイトの免責事項オプションの設定

Document created by Cisco Localization Team on Jun 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
カスタマイズされた免責事項を示す状況を次から選択します:
  • 主催者がミーティングを開始する時

  • 参加者がミーティングに参加する時

  • 閲覧者が録画セッションを開始する時

各タイプの免責事項を個別に設定することができます。 有効な場合、ユーザーはミーティング出席、参加、またはセッション録画の閲覧をする時にこれらの免責事項に同意する必要があります。


          
手順 1               テキストエディタで免責事項を作成し、ファイルとして保存します。

対応するファイル形式は、 HTML、HML、TXT です。 免責事項をいずれかのファイル形式で保存します。サイトによってサポートされている言語を使用してください。

手順 2               左側ナビゲーションバーで、[設定共通のサイト設定免責条項] の順に選択します。
手順 3               [免責事項] ページで [免責事項のアップロード] を選択します。
手順 4               [ファイルのアップロード] ウィンドウでコンピュータからファイルを探して選択します。
手順 5               [開く] を選択します。

アップロードが完了したら免責事項ファイルがアップロード済みファイルの一覧に表示されます。

手順 6               [形式] カラムのリストから免責事項の形式を選択します。
手順 7               [言語] カラムのリストから免責事項の言語を選択します。
手順 8               免責事項を表示するサービスを [適用先のサービス] カラムから選択します。
  • MC—Meeting Center
  • EC—Event Center
  • TC—Training Center
  • SC—Support Center
手順 9               (オプション) 免責事項をプレビューするにはファイル名を選択します。 または、[アクション] カラムで [その他] ボタンを選択し、それから [プレビュー] を選択します。

新規ブラウザウィンドウが開き、免責事項が表示されます。

手順 10               [保存] を選択します。

免責事項の削除


手順 1               左側ナビゲーションバーで、[設定共通のサイト設定免責条項] の順に選択します。
手順 2               [アクション] カラムで [詳細] ボタンを選択し、それから [削除] を選択します。
手順 3               [OK] を選択してファイルを削除します。

免責事項を無効にする


手順 1               左側ナビゲーションバーで、[設定共通のサイト設定免責条項] の順に選択します。
手順 2               [アクション] カラムで [その他] ボタンを選択し、それから [無効] を選択します。

免責事項と各設定オプションは免責事項を有効にしないかぎり使用することはできません。


免責事項を有効にする


手順 1               左側ナビゲーションバーで、[設定共通のサイト設定免責条項] の順に選択します。
手順 2               [アクション] カラムで [その他] ボタンを選択し、それから [有効] を選択します。


Attachments

    Outcomes