メッセージのフォームの管理

Document created by Cisco Localization Team on Jun 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

メッセージフォームの概要

キューにいる顧客のためのメッセージフォームが WebACD により表示されます:
  • キューが閉じた場合 (数時間後)

  • キューにある要求を監視して処理する担当者がいない場合

  • 要求の時間がタイムアウトになった場合

更新や編集が可能な既定のフォームが WebACD により提供されます。 このフォームは常に利用可能で、特定のフォームが指定されていない場合には自動的にこのフォームが割り当てられます。

顧客には姓、名およびメールアドレスの入力が WebACD により求められます。 あなたは、プロファイル中に顧客のこれらの情報をすでに取得しているかもしれません。 あなたが顧客のこれらの情報を入力し、サーバーに送信できる場合、これらのフィールドを表示したり、顧客に入力をお願いする必要はありません。 適切なパラメータ値を WebACD に提供してください。

新規のメッセージフォームを作成する


        
手順 1  ナビゲーションバーで [構成 > WebACD > メッセージフォーム] の順に選択します。
手順 2  [新規フォームの作成] を選択します。
手順 3  [フォーム名] フィールドで新規フォームの名前を入力します。
手順 4  フォームに表示するフィールドにチェックを入れて指定します。
手順 5  (オプション) 新規フィールドを追加するには [新規の追加] を選択します。
手順 6  (オプション) フォームに表示するフィールドの順序を変更するには、[順序の変更] を選択します。

メッセージフォームに新しいフィールドを追加する

メッセージをカスタマイズすることで必要な情報だけを取得することができます。 あなたの製品またはサービスの問題やエラーについての詳細を顧客に提供してもらうことができます。 呼出しに対応できる最適な担当者にフォームが転送されます。


      
手順 1  ナビゲーションバーで [構成 > WebACD > メッセージフォーム] の順に選択します。
手順 2  [キューの名前] 列で更新したいキューのリンクを選択します。
手順 3  1 つ以上の新しいフィールドを追加します。

フォームの次の項目に新しいフィールドを追加できます:

  • テキストボックス

  • チェックボックス

  • オプションボタン

  • ドロップダウンリスト

手順 4  [保存] を選択します。

メッセージフォーム上のフィールドの順序を再編する


        
手順 1  ナビゲーションバーで [構成 > WebACD > メッセージフォーム] の順に選択します。
手順 2  [キューの名前] 列で更新したいキューのリンクを選択します。
手順 3  [順序の変更] を選択します。
手順 4  [順序の変更] ページ上で、移動したいフィールドを選択します。
手順 5  矢印を使ってフィールドを上下に移動します。
手順 6  [保存] を選択します。

新しいフォームの作成のオプション

                        

オプション

説明

フォームの名前

フォームの名前を入力または編集します

チェックボックス

チェックボックスを選択してフォーム上にフィールドを表示します。

(R) 必須項目です。

チェックボックスを選択してフォーム上の必須のフィールドを指定します。

フィールド

次の必須情報を入力します:

  • メールアドレス

  • 電話番号

[新規の追加] ボタン

選択して新しいフィールドをフォームに追加するためのページを開きます。

[順序の変更] ボタン

選択してフォーム上のフィールドの順序を変更します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

フォームページの編集オプション

                        

オプション

説明

フォームの名前

フォームの名前を入力または編集します

チェックボックス

チェックボックスを選択してフォーム上にフィールドを表示します。

(R) 必須項目です。

チェックボックスを選択してフォーム上の必須のフィールドを指定します。

フィールド

次の必須情報を入力します:

  • メールアドレス

  • 電話番号

[新規の追加] ボタン

選択して新しいフィールドをフォームに追加するためのページを開きます。

[順序の変更] ボタン

選択してフォーム上のフィールドの順序を変更します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

順序の変更オプション

               

オプション

説明

フォームのフィールド

移動するフィールドを選択します。

上矢印

フォーム上の選択状態のフィールドを上に移動します。

下矢印

フォーム上の選択状態のフィールドを下に移動します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

テキストボックスのオプション

顧客は、発生している問題やエラーについて自由に記入することができます。

                     

オプション

説明

1 行

顧客による情報入力のために 1 行を提供します。

複数行

顧客による情報入力のために 2 行以上を提供します。

テキストボックスのラベル

テキストボックスについての紹介の語句を入力します。 
例: あなたは顧客が問い合わせたいサービスまたは製品の名前を顧客に入力してもらおうと考えています。 ラベルとして次のテキストを入力します: サポートが必要な製品名を入力してください。

顧客がテキストボックスに入力できる文字数を入力します。

高さ

顧客がテキストボックスに入力できるテキスト行数を入力します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

チェックボックスのオプション

顧客はあなたがここで設定したボックス一覧から 1 つ以上のチェックボックスを選択します。

               

オプション

説明

グループラベル

チェックボックスの一覧を説明する語句を入力します。 : 顧客からの問い合わせサービスまたは製品の名前を顧客に入力してもらいたい場合は、 ラベルに次のテキストを入力します: サポートが必要な製品名を入力してください。

チェックボックス

追加する各チェックボックスに説明を記入します。それからチェックボックスが初期状態で選択されているかどうかを選択します。

チェックボックスの追加

入力フォームに 10 個以上のチェックボックスを追加する必要がある場合、必要な数のチェックボックスを選択します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

オプションボタンのオプション

顧客はここであなたが選択したオプションの一覧から 1 つのオプションを選択します。

                  

オプション

説明

グループラベル

オプションの一覧を説明する語句を入力します。例: あなたは顧客が問い合わせたいサービスまたは製品の名前を顧客に入力してもらおうと考えています。 ラベルに次のテキストを入力します: サポートが必要な製品名を入力してください。

既定の選択肢

プリセットの選択肢を 1 つ選択します。

選択肢

追加する各オプションに説明を入力します。

選択の追加

入力フォームに 10 個以上のオプションを追加する必要がある場合、必要な数のオプションを選択します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

ドロップダウンリストのオプション

顧客はここであなたが選択したドロップダウンの一覧から 1 つのアイテムを選択します。

                  

オプション

説明

グループラベル

ドロップダウン一覧のアイテムについての説明を入力します。 
例: あなたは顧客が問い合わせたいサービスまたは製品の名前を顧客に入力してもらおうと考えています。 ラベルとして次のテキストを入力します: サポートが必要な製品名を入力してください。

既定の選択肢

プリセットとして一覧表示アイテムから 1 つ選択します。

選択肢

追加する各一覧アイテムに説明を入力します。

選択の追加

入力フォームに 10 個以上のオプションを追加する必要がある場合、必要な数のオプションを選択します。

[保存] ボタン

選択してオプションを保存します。

キューのメッセージフォームを指定する


       
手順 1  ナビゲーションバーで [構成 > WebACD > メッセージフォーム] の順に選択します。
手順 2  [割り当て] タブを選択します。
手順 3  [キューの名前] の下で、更新したいキューを探します。
手順 4  メッセージフォームのドロップダウン一覧で、キューに割り当てたいフォームを選択します。
手順 5  [保存] を選択します。


Attachments

    Outcomes