Android デバイスで通話またはミーティングの通知を受ける方法

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Spark for Android では、Cisco Spark アプリがフォアグラウンドにあるかどうかによって、通話の通知方法が変わります。

アプリがフォアグラウンドにある場合

発信者の名前とプロファイル写真を表示する着信画面が現れます。着信音をサイレントにしていない場合には着信音が鳴ります。 着信に応答するには、[参加] をタップします。着信を拒否するには、[拒否] をタップします。

  • 参加: 着信に応答します。 セルフビュー ビデオに自分自身が現れ、次に相手側 (発信者) のビデオと音声に接続されます。

  • 拒否: 通話を拒否した通話者を通知します。

通話に接続中、会議室内にアクティブな通話を表示する小さいウィンドウに現れます。 ダブルタップすると通話ウィンドウが最大化されます。 ダブルタップしなくても、通話への接続が完了したら、自動的にこのウィンドウが最大化されます。

アプリがフォアグラウンドにない場合

Cisco Spark がフォアグラウンドにない場合、着信音が鳴るか、サイレント モード (マナー モード) では電話が振動し、ロック画面に着信の通知が表示されます。 コール ボタン を右にスライドさせると通話に参加でき、左にスライドさせると拒否します。
  • 参加: 着信に応答します。 Cisco Spark アプリが起動し、セルフビュー ビデオに自分自身が現れ、相手側 (発信者) のビデオと音声に接続されます。

  • 拒否: 通話を拒否した通話者を通知します。




Attachments

    Outcomes