Cisco Spark Admin Portal - 既知の問題

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

既知の問題

  • 招待保留中のユーザーがサービスを提供される場合、招待メールの再送オプションを設定しても招待状は再送信されません。

  • ディレクトリの同期のために Cisco Directory Connector を使用している顧客の場合、以下の既知の問題について認識してください。 動機されたアカウントに消費者(無料)組織の電子メールアドレスがある場合、その電子メールアドレスは顧客組織に追加され、エラーは Directory Connector ホストのイベントログに記録されます。

    • 回避策: 消費者組織のすべてのアカウントのディレクトリ同期を有効にする前に、顧客組織に変更してください。 通常通り、ライブ動機を実行する前に結果を検証するためにドライランを実行してください。

  • 大規模な組織の場合、リストされるのは一部のユーザーのみです。 検索機能を使用してください。

  • 名前、姓、表示名、およびメールアドレスによる並び替えは、ユーザーリストに表示されているユーザーのみが対象になります。

  • ユーザーのライセンス設定を確認するには、エクスポート機能を使用してください。

  • 管理者ではなく会議室内またはセルフサインアップで Cisco Spark に招待される場合、アカウントは引き続き消費者 (無料) 組織に追加されます。 すべてのアカウントを顧客組織に追加するには、ドメインは組織に要求される必要があります。 ドメイン要求については、サポートにお問い合わせください。




Attachments

    Outcomes