会議室に参加者を追加

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 3, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

ロック解除したチーム会議室にいる人は、[会議室の詳細] から他の人を追加できます。 しかし、プライベートな 1:1 会議室の場合は、人を追加してチーム会議室にすることはできません。

チーム会議室に誰かを追加する場合には、[会議室の詳細] で [ユーザーの追加] アイコンを選択します。 使用しているデバイスに応じて、青または黒の場合があります。

会議室がロックされている場合は、人を追加するためのアイコンが表示されません。 その場合は、会議室のモデレータに人を追加するように依頼する必要があります。


ヒント


iPhone と iPad 用の Cisco Spark では、アイコンが表示されない場合は、[会議室の詳細]の一番上のバナーをカーソルでなぞるように移動してください。


「名前かメールアドレスでユーザーを追加」エリアで、追加する参加者のメールアドレスまたは名前を入力します。 名前が見つかると、検索結果に表示されるので、それらを選択できます。 人が見つからない場合は、完全なメールアドレスを手動で入力できます。 コンマで区切ることで、最大で 50 人分の電子メールアドレスを入力できます。

人を追加し終えたら、Android または Windows Phone で [OK] をタップします。 iPhone および iPad で、チェックマークをタップします。 ウェブまたは Mac の場合、X をクリックして、[参加者の追加] パネルを閉じます。

Microsoft Outlook のメールから人のメールをコピーして貼り付けることができますか?

はい。 Windows アプリで、Microsoft Outlook のメールの差出人フィールドから参加者名とメールアドレスを直接コピーすることができます。 会議室を作成する場合、または既存の会議室に人を追加する場合、それを [参加者を追加] フィールドに貼り付けます。 Cisco Spark アプリでは不要な追加情報は取り除かれます。


メモ:


現在は、メール配布リストを使用して、人を勧誘してチーム会議室に参加させることはできません。


誰かを会議室から削除する方法 詳細 を読む。




Attachments

    Outcomes