会議室でファイルまたは画像を共有し開く

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on May 25, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Spark 会議室に任意のタイプの写真またはファイルを投稿します。 会議室内では、サムネールまたはフルで表示され、[会議室の詳細] の [最新のコンテンツ] セクションでリストされます。

.pdf、.ppt、.pptx、.doc、.docx ファイルディレクトリを会議室で開き、そこでページをめくることができます。 または、ローカルシステムにファイルをダウンロードし、そこで表示します。


ヒント


最新のコンテンツのみが [会議室の詳細] の [最新のコンテンツ] セクションでリストされます。 古いコンテンツを見るには、会話エリアの中の古いコンテンツをスクロールします。


ファイルを投稿するには、メッセージコンポーザーのペーパークリップをタップし、ファイルまたは画像を選択し、メッセージコンポーザーの矢印をクリックしてファイルをアップロードします。 iOS および iPhone 用には、投稿できる各ファイルタイプのアイコンは、ペーパークリップではなく、メッセージコンポーザーの中に表示されています。



Android 用 Cisco Spark では、メッセージコンポーザーの小さなプラスサインをタップし、投稿するコンテンツを選択します。



モバイルアプリを使用している場合、他にもオプションがあります。

デバイスオプション
Android

写真を撮影: アイコンをタップして、写真を撮ります。

既存の写真を選択: アイコンをタップして、既存の写真を選択します。

ファイルを選択: アイコンをタップして、ファイルを撮ります。

ビデオを撮影: アイコンをタップして電話でビデオを撮影します。

ヒント   

[ファイルの選択]をクリックしたとき、画面の端から右にスワイプすると、選択することができる、デバイスで利用可能な場所とクラウドストレージプロバイダーすべての一覧が表示されます。

iOS and iPad

カメラアイコン: アイコンをタップして、写真を撮影して投稿します。

写真アイコン: アイコンをタップして、既存の画像を投稿します。

ファイルのアイコン: アイコンをタップして、Box や iCloud などのクラウドストレージプロバイダーからファイルを選択します。

ヒント   

自分のクラウドストレージプロバイダがリストにない場合、3点ドットをタップし、場所の管理のポップアップから、クラウドストレージプロバイダーを選択します。

Windows Phone

カメラ 新しい写真を撮影。

アルバム: 既存の写真を選択します。

Box ファイル: Box アカウントからファイルをアップロードします。

その他のファイル: 写真、OneDrive、電話からさらにオプションを選択します。


ヒント


ウェブ用の Cisco Spark を使用して全画面モードでファイルを表示する場合、情報アイコンをクリックするとファイルの詳細が表示されます。


制限

  • 遅いネットワークで大きなドキュメントなどのファイルをアップロードするときに、ドキュメントのトランスコードに 3 分以上かかった場合、トランスコードが停止し、ドキュメントはネイティブ形式でのみアップロードされます。 つまり、会議室でファイルを開いてスクロールすることはできませんが、会議室からファイルをダウンロードできます。

  • iPhone と iPad 用の Cisco Spark は現時点で GIF アニメーションをサポートします。

  • 埋め込み型のビデオは現在サポートされていません。

Box のようなクラウドストレージプロバイダーからコンテンツを共有する方法をご確認ください。 詳細 を読む。

会議室のメッセージまたはコンテンツを削除する方法をご確認ください。 詳細 を読む。




Attachments

    Outcomes