Cisco Spark アプリでゲストを通話またはミーティングに招待する

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

ゲストを進行中の 1:1 通話、またはグループミーティングに招待できます。 ゲストは会議室には追加されないので、会議室のメッセージやそこで共有されているコンテンツを見ることはできません。

ビデオ通話の間、ビデオの下に 3 点ドットのあるアイコンが通話オプションと共に表示されますが、それをタップします。 アイコンを選択し、ゲストを招待します。 モバイルアプリ用の通話オプションを確認するには、通話中にビデオ画面のどこでもいいのでタップします。

任意の人物の名前、電子メールアドレスを入力することもできますし、提案されているピープルのリストからゲストを選択することもでき、招待は簡単に送信されます。 その人物がまだ Cisco Spark アプリのユーザーでない場合、電子メールの招待を受け取った後、通話に参加する前にアプリに登録する必要があります。ヒント:


ヒント


モバイルアプリでは、招待を送信するためには [招待] をタップする必要がある場合があります。


ゲストは招待に対して [参加] または [無視] を選択できます。 無視した場合でも、後ほどいつでも通話に参加することができます。 通話がアクティブな間は、会議室リストに参加への招待が表示されています。


ヒント


ゲストを招待する他の方法は、ミーティング中に相手を会議室に追加することです。 追加するとすぐに、相手はミーティングへの招待を受け取ります。 こうして、ゲストはミーティングの他の参加者と同様に、メッセージを表示したり送信したりすることができます。


制限

  • 無料のサブスクライバーの場合、1:1 通話に追加できるゲストは 1 名だけです。 おそらくそう希望されるでしょうが、さらに追加する場合には、有料の Cisco Spark 通話プランにアップグレードする必要があります。

  • 有料のプランを利用していて、参加者が 3 名を越えるグループビデオ通話を開いた場合には、参加者が最大数の 25 名になるまで、ミーティングにゲストを追加できます。




Attachments

    Outcomes