Cisco Spark の新機能

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 19, 2017
Version 7Show Document
  • View in full screen mode

連絡しようとしている相手が正しいことを確認する

日付: 2017 年 6 月 7 日

連絡しようとしている相手が正しいことを前もって確認しましょう! 連絡しようとしている相手の連絡先カードを確認するオプションが追加され、相手のプロファイル写真、メール アドレスを確認できるだけでなく、相手が現在在席中かどうか確認することができます。 連絡先カードから直接メッセージを送信したり、通話を発信することができます。

詳細については、こちらのヘルプ記事を参照してください: 連絡しようとしている相手を確認する

Proximity 機能によりペアリングされたデバイスからミーティングに自動参加する

日付: 2017 年 4 月 27 日

Cisco Spark ミーティングに遅れてしまいそうですか? すでに開始しているミーティングに Cisco Spark ビデオ会議端末から他のユーザーがすでに参加している場合、そのミーティングに自動的に参加することができるので、ミーティングに遅れて重要なお知らせやディスカッションを逃す心配はありません。

ミーティングに参加後、他の参加者のビデオまたは共有中の画面が見えるようになります。 また、ミーティングの内容がよく聞こえるように、自分自身あるいは他のユーザーとデバイスをミュートしたり、音量を調整することもできます。

ユーザーとスペースの分割

日付: 2017 年 4 月 14 日

スペースを 2 つのリストにグループ分けしました。 あなたともう 1 人のユーザーとの間で直接やり取りしている会話は、[ユーザー] の下に表示されるようになります。一方、複数のメンバーと一緒に参加しているスペースは、[スペース] エリアにまとめて表示されるようになります。

プロファイル写真へのステータス情報の追加

日付: 2017 年 4 月 14 日

プロファイル写真にステータス情報が追加され、ユーザーがアクティブなのか、外出中なのかひと目でわかるようになりました。

プロファイル画像の状態

プロファイル画像の状態

ステータス

アクティブおよびオンライン

非アクティブ (最近 24 時間以内)

非アクティブ (24 時間以上)

応答不可

不在

詳細については、「Cisco Spark でのステータス」を参照してください。

MacBook Pro Touch Bar と Cisco Spark for Mac

日付: 2017 年 4 月 14 日

Cisco Spark for Mac では、Apple 社製 MacBook Pro (2016) に搭載されている Touch Bar を使ってさまざまな操作を行うことができます。

シングルタップするだけで、スペースにあるファイルを表示したり、メンバーのリストを確認することができます。 通話の開始、他のデバイスとの画面共有も簡単に行えます。

Cisco Spark for Mac を開いて、今していることに合わせて Touch Bar のガラスの帯に表示される新しいオプションを確認してください:

  • スペースにいる場合、アクション アイコンが表示されます。

  • 通話中には、ミュート アイコンと通話終了アイコンが表示されます。

  • デバイスとペアリングされている場合、画面共有アイコンが表示されます。

使用しているデバイスの緊急連絡サービス アドレスを変更する

日付: 2017 年 3 月 17 日

これまで、緊急連絡サービス アドレスとして登録できるアドレスは、使用しているデバイスの台数に関係なく 1 つのみに制限されていました。 今後は、デバイスの使用場所に基づいて複数のアドレスを指定できるようになります。

詳細については、https://help.webex.com/docs/DOC-5352 を参照してください。

Cisco Spark 通話の自動応答

日付: 2017 年 2 月 20 日

自動応答機能を有効にすると、デスクフォン (卓上電話) への着信では呼び出し音が 1 回鳴ってすぐに接続されます。 また、電話のヘッドセットまたはスピーカーのいずれかを選択して通話を行うことができます。

さらに詳しくは、「Cisco Spark 通話の自動応答」を参照してください。

不在: 退席中であることを他のユーザーに知らせる

日付: 2017 年 2 月 15 日

Microsoft Outlook で不在 (退席中) として設定すると、Cisco Spark でもあなたが「不在」として表示されます。 Cisco Spark では、以下に該当する場合、あなたの組織内のユーザーはあなたが不在であることがわかります:

  • 他のユーザーがあなたを @メンションするとき。

  • 他のユーザーがあなたに直接メッセージを送信するとき (あなたのパーソナル スペースのタイトルに退席中であることが表示されます)。

  • スペースのユーザー リストを表示するとき (あなたの名前と一緒に退席中であることが表示されます)。

  • 他のユーザーがあなたの名前を検索するとき (検索結果のリストに退席中であることが表示されます)。

「不在」ステータスは、Cisco Spark とカレンダーが連携されている場合にのみ更新されます。 セットアップについて不明な点があれば、管理者に連絡してください。

詳細については、「Cisco Spark にいることを他のユーザーに知らせる」を参照してください。

新登場のアクティビティベースのデザイン

日付: 2017 年 1 月 24 日

新しいユーザー インターフェイスの登場です!

  • アクティビティ メニューを使って簡単に Cisco Spark のコア機能にアクセスできます: メッセージ、通話、ミーティング、ユーザー、ファイル、およびホワイトボード。

  • メッセージ、チーム、通話へのアクセスがもっと簡単になります。

  • すべて、未読、ユーザー、お気に入り、@メンション、およびフラグのフィルターを使ってコンテンツを振り分けることができます。

  • ひとりで集中する時間や、ちょっと電話の応対から離れたい場合など、アプリでのステータスを応答不可に設定することができます。

  • ユーザー、メッセージ、ファイルを検索できます。

詳細については、こちらを参照してください: Cisco Spark アプリへようこそ

Cisco Spark ミーティングの機能強化

日付: 2017 年 1 月 24 日

ビデオおよびコンテンツ共有に改善を加え、Cisco Spark ミーティングの機能を拡張しました。 機能の拡張により、以下の操作が可能になります:

  • Windows または Mac コンピューター上の Cisco Spark から、ミーティングーティング参加者を表示したままミュート。

  • Cisco Spark ビデオ会議端末のミュートとボリューム コントロールを Cisco Spark アプリから直接コントロール。

Cisco Spark Board: Cisco Spark アプリの拡張ディスプレイ

日付: 2017 年 1 月 24 日

Spark Board は、デジタル ホワイトボード、プレゼンテーションスクリーン、ビデオ会議ツールがひとつになったマルチ機能ボードです。 Cisco Spark アプリの物理的な拡張ディスプレイといってもかまわないでしょう。Spark Board の近くにいると、Spark アプリが自動的にペアリングし、Spark Board 上でスペースを展開することができます。通話を行ったり、デバイスからコンテンツを表示できるだけでなく、スペースにあるホワイトボードやファイを直接利用することができます。 Spark Board 上で新規作成されたファイルやホワイトボードは、自動的にスペースに保存されるので、Spark Board のある会議室を退室した後もそのまま利用できます。

詳細については、こちらを参照してください: Cisco Spark Board リリース ノート

Cisco Spark のホワイトボード

日付: 2017 年 1 月 24 日

ファイルの共有やメッセージの送信などの既存のコラボレーション機能に加えて、新しいホワイトボード アクティビティは、今までになかった方法で同僚とのコラボレーションを進めることができます。 簡単にビジュアルを作成してスペースで共有したり、通話中のチームと共有することができます。

詳細については、こちらを参照してください: ホワイトボードを活用してCisco Spark 上でコラボレートする




Attachments

    Outcomes