通話コネクタ

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Call Connector は、ハイブリッド通話サービス認識 のオンプレミスコンポーネントです。 コネクタは Cisco Collaboration Cloud に登録された Expressway-C コネクタホストで稼働します。


注意


クラウドとの SIP トラフィックは、Call Connector が稼働している同じ Expressway-C にルートされる必要ありません。 Call Connector はユーザーとデバイスの側面をモニタリング、プロビジョニングしますが、通話自体を処理しません。


Call Connector はクラウドとオンプレミスの通話コントロール環境 (Cisco Unified Communications Manager 、 Business Edition 6000/7000 、または Hosted Collaboration Solution) とのブローカーのように機能します。 コネクタはオンプレミス環境をクラウドへ接続するだけでなく、以下のことに使用されます。
  • ユーザーの電話機器と関連する設定を発見します。

  • ユーザーがハイブリッド通話サービスを利用可能なときに通話制御イベント通知を登録します。

  • 停電後に再登録します

  • Cisco Unified Communications Manager クラスタで通話制御活動をモニタリングします。

  • サービスベースの通話エクスペリエンスに変換されたときにクラウドへの通話を処理する。

  • CTIManager サービスを Cisco Unified Communications Manager から利用し、ユーザーの電話をモニタリングします。

  • 第 2 の Expressway-C でコネクタを構成する場合にアクティブ/アクティブ冗長性を提供します。

  • ハイブリッド通話サービスコネクト のユーザーのために基本構成の CTI リモートデバイスを作成します。

  • ユーザーの CTI-RDs (リモートデバイス) にリモート接続先として Spark SIP アドレス (ハイブリッド通話サービスコネクト用)を設定します。

  • ユーザーの Directory URI を Cisco Unified Communications Manager から取得し、ユーザーを検索できるように、Cisco Spark で利用可能にします。




Attachments

    Outcomes