Cisco Spark 通話タブ機能を決定する

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Spark アプリの一部通話機能は、有料 Cisco Spark コール機能を利用している場合のみ利用できます。 たとえば、公共交換電話ネットワーク (PSTN) で電話番号をダイアルしているときなどに、アプリでエラーメッセージを受信した場合、その通話機能を利用する権限が無いことを意味します。

この記事では、Cisco Spark 通話機能に関する情報、Cisco Spark アプリの [通話] タブからユーザーがアクセスする各種通話機能をサポートする有料 Cisco Spark プランに関する情報を紹介します。

各種 Cisco Spark プランの詳細については、Cisco Spark の Web サイトを参照してください https://www.ciscospark.com/plans.html


ヒント


会社のファイアウォール外部から発信しているときに問題が発生した場合:
  • アプリがブロックされないように、ファイアウォールとネットワークの要件をチェックします。

  • SIP エンドポイントまたは会議ブリッジが公共インターネットからの発信を承認できるようにします。


どの機能を利用できますか?

  1. Cisco Spark アプリまたは Cisco Spark M1、M2、または M3 ライセンスの無料版:

    • SIP エンドポイントと会議ブリッジにダイアルできます。 SIP アドレスは、電子メールアドレスのような形式です。 例: johnsmith@mycompany.com

      ダイアルしている SIP エンドポイントまたは会議ブリッジが標準ベースで、クラウドからアクセスできる場合、通話のために Cisco Spark アプリを使用できる必要があります。

    • 公共交換電話ネットワーク (PSTN) 経由で通常の電話番号に発信または応答できません。

  2. Cisco Spark C1、C2、または C3 ライセンス:

    • CMR ブリッジをダイアルできます。 例: johnsmith@mycompany.com

    • 他の会議ブリッジまたは SIPベースのビデオエンドポイントにダイアルできます。

    • PSTN 経由で通常の電話番号に発信および応答できます。

  3. Cisco Spark M1、M2、または M3 ライセンスと Cisco Spark ハイブリッドサービス:

    • SIP エンドポイントと会議ブリッジにダイアルできます。 SIP アドレスは、電子メールアドレスのような形式です。 例: johnsmith@mycompany.com

      ダイアルしている SIP エンドポイントまたは会議ブリッジが標準ベースで、クラウドからアクセスできる場合、通話のために Cisco Spark アプリを使用できる必要があります。

    • PSTN 経由で通常の電話番号に発信および応答できます。

  4. Cisco Spark 会議室システム:

    • ダイアルのために会議室システムのリモートコントロールを使用している場合:
      • SIP エンドポイントと会議ブリッジにダイアルできます。 SIP アドレスは、電子メールアドレスのような形式です。 例: johnsmith@mycompany.com

        ダイアルしている SIP エンドポイントまたは会議ブリッジが標準ベースで、クラウドからアクセスできる場合、通話はできるはずです。

      • 公共交換電話ネットワーク (PSTN) 経由で通常の電話番号に発信または応答できません。

    • 会議室システムとペアリングしているときに Cisco Spark アプリを使用してダイアルする場合、利用できる機能は会議室システムに拡大されます。

保有ライセンスを知るにはどうすればいいですか?

ダイヤルパッドアイコンが iPhone および iPad 用の Cisco Spark アプリ、ならびに Cisco Spark for Android における [通話] タブに表示される場合、有料通話機能を利用できないことを意味します。

Cisco Spark C1、C2、もしくは C3 ライセンスをお持ちの場合、または、M1、M2、もしくは M3 ライセンスと Cisco Spark ハイブリッドサービスエンタイトルメントをお持ちの場合、[通話] タブを使用して発信するときにダイヤルパッドアイコンが表示され、PSTN の通常の電話番号にダイアルできます。

PSTN の番号をダイアルする場合など、発信できないことを伝えるエラーメッセージがアプリに表示される場合、Cisco Spark C1、C2、もしくは C3 ライセンス、または、Cisco Spark M1、M2、もしくは M3 ライセンスおよび Cisco Spark ハイブリッドサービスの権限があります。

制限

  • アプリを使用して Cisco Cloud Collaboration Meeting Room (CMR) に発信するとき:

    • 他の CMR 参加者は、Cisco Spark アプリを使用しているユーザーから低品質のビデオを受信する場合があります。

    • 他の CMR 参加者は、Cisco Spark アプリを使用しているユーザーからフリーズした、または黒色のビデオを受信する場合があります。

    • Cisco AnyConnect などの VPN の背後でダイアルしているとき、ビデオが途切れがちになる場合があります。

  • 会議ブリッジまたは SIP ビデオエンドポイントにダイアルしているとき、しばしば音声品質の問題、または、音声とビデオの同期の問題に遭遇することがあります。

  • SIP 通話機能を活用するため、サードパーティデバイスは SIP 標準に準拠している必要があります。




Attachments

    Outcomes