デバイス管理

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

デバイスのページから組織の登録済み電話と会議室システムを見ることができます。それぞれの状況 (問題も含めて) を見てリモートメインテナンスを行ってください。

Cisco Cloud Collaboration Managementデバイスタブをクリックしてオプションにアクセスします。 このページのオプションは、組織のライセンスとサービスによって異なります。

このページの検索機能によって、オーナー (存在する場合は電子メールまたは表示名)、ステータス、デバイスタイプ、MAC アドレス、IP アドレスによって検索できます。 デバイスの概要ページにも設定セクションのデバイス情報が表示されています。

デバイスを追加する

デバイスの追加 ボタンを使用するだけでルームシステムを追加できます。 ユーザーは卓上電話などのサポートされたデバイスを、あなたがユーザータブから送信したアクティベーションコードを使用して追加する必要があります。

デバイス管理コントロール

以下のコントロールにアクセスするには、デバイスエントリを開きます。

起動 (電話のみ)

確認すると、すべてのアクティブコールとデバイスは即時に再起動します。

問題の報告

選択したデバイスについて、ログが自動的に収集されます。 その後、新しいサポートチケットを作成できるページにリダイレクトできます。 ログは自動でチケットに添付されます。

削除

デバイスは組織から永久的に削除されます。 このアクションの完了後、このデバイスを復元することはできません。 とはいえ、以下のことが可能です。
  • 新しいアクティベーションコードを使用して電話を登録する ユーザー タブからアクティベーションコードを再度生成できます。 ユーザーは My Cisco Spark自分のアクティベーションコードを生成することもできます。

  • デバイスの追加をクリックして会議室を再度追加します。

タイムゾーン (電話のみ)

会社とは異なるタイムゾーンをセットアップできます。 在宅勤務または異なるロケーションに複数の電話を持っているユーザーがいる場合は、このオプションを検討してください。




Attachments

    Outcomes