ハイブリッド通話サービスについてユーザー構成を確認する

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

ユーザーのバリデーションチェックによって、Cisco Unified Communications Manager のユーザーが ハイブリッド通話サービス認識ハイブリッド通話サービスコネクト について適切に構成されているかどうか確認できます。 この試験は電子メール、ディレクトリ URI、CTI リモートデバイス設定など、構成の全要件を確認します。 構成またはトラブルシューティングをサポートするため、CSV ファイルとしてユーザーエラーまたは警告を保存します。

  

Cisco Cloud Collaboration Management で Hybrid Call Services についてユーザーをアクティブ化する前にこの試験を実施することを推奨します。

      
1    Expressway-C コネクタホストから、アプリケーション > ハイブリッドサービス > 通話サービス > Unified CM Servers の順に選択し、確認したい登録済み Cisco Unified Communications Manager を選択します。
2    以下のいずれかの手順を行ってください:
  • 特定のユーザーアカウントの構成を確認したい場合、ユーザーリストの CSV ファイルをアップロードしてから、実行 (特定のユーザーリスト) をクリックします。
  • 実行 (全ユーザー) をクリックして、Cisco Unified Communications Manager に登録された全ユーザーアカウントの構成を確認します。
  構成エラーまたは警告を含むユーザーアカウントが記載されたレポートが表示されます。
3    情報を CSV ファイルとして保存し、Cisco Unified Communications Manager でユーザーとシステム設定を変更するためのチェックリストとして使用します。
 


Attachments

    Outcomes