通話転送

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

通話転送について

   

未応答の通話が無いように、ユーザーの Cisco Spark call デバイスを構成して、別の宛先へ通話を転送することができます。 以下のいずれかを設定できます。

    
  •      

    通話を転送しない (デフォルト).     

         
  •      

    すべての通話を転送する     

         
  •      

    未応答の通話を転送する 未応答時の通話転送タイマーは 12 秒に設定されます (3 回の呼び出し音に相当)。 誰かがユーザーに通話して、電話が 12 秒以内に応答されない場合、通話は転送されます。

         
    

注意


宛先が Cisco の電話で、未登録で、ボイスメールが構成されている場合、通話はボイスメールに転送されます。


通話転送の構成

ユーザーに 1 つ以上の通話転送オプションを構成します。

注意


どの通話転送オプションをここで設定しても、各ユーザーは設定を My Cisco Spark - Self Care ポータルサイトで変更できます。


はじめる前に

同じ方法、または異なる方法で、内線と外線の両方を処理できます。


         
ステップ 1    Cisco Cloud Collaboration Management から、ユーザーを選択します。
ステップ 2    [ユーザー] を選択します。
ステップ 3    [発信] を選択します。
ステップ 4    その番号と関連する回線設定を表示するユーザーの主な回線を選択します。
ステップ 5    通話転送の下で、ユーザーのニーズに最適な通話転送オプションを選択します。
ステップ 6    保存 を選択します。

 

Attachments

    Outcomes