Cisco Spark サービスの開始 (顧客管理者)

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

Cisco Spark サービスの開始

   

Cisco Spark サービスへようこそ 管理者として、この記事を使用して自分の管理ポータルサイト (Cisco Cloud Collaboration Management) を入手し、組織へのユーザー招待を開始してください。

    

Cisco Spark 組織を開始する際、メールアドレスを入力して Cisco Spark に参加するユーザーを 2 人招待することを推奨します。 この 2 人のユーザーに提供したサービスを使用し、試し、フィードバックを行うよう促してください。 あなたは、いつでも自分が選択した方法でさらにユーザーを追加できます。

    

Cisco Cloud Collaboration Management に初めてサインインする

   

Cisco Cloud Collaboration Management は管理、権限、報告についてのツールを 1 つ提供します。 このポータルサイトを使用して、Cisco Spark サービスのあらゆる側面を管理できます。

   
はじめる前に   
  •      

    Cisco Cloud Collaboration Management にアクセスする際は、Chrome または Firefoxを使用することを推奨します。 他のブラウザを使用すると予期しない結果を招く可能性があります。

          

     

         

  •      

    Cisco Cloud Collaboration Management はモバイルデバイスを想定していません。

         

   
      
1    Cisco Spark サービスのウェルカムメールにあるリンクをクリックしてください。
2    お使いのブラウザで開くページから、Cisco Spark 管理者証明書を作成します。

アカウントをサインアップし、 Cisco Cloud Collaboration Management に初めてログインした後で、初回のサービスセットアップウィザードが自動的に開始します。

3    初回のサービスセットアップウィザードのステップに従って組織を作成、構成します。 ウィザードでは、以下のことが可能です。
  • コラボレーションプランの確認
  • 通話設定、メッセージ設定、およびグローバルエンタープライズ設定を設定します。
  • Cisco Spark にユーザーを追加します。
 
  • Cisco Cloud Collaboration Management に戻りたいときは、いつでも http://admin.ciscospark.com を開いてください。弊社はこの URL を分かりやすいところにブックマークしておくことを推奨します。

     

  • Cisco Cloud Collaboration Management 左側のメニューから設定ないしはサービスタブを選択して、組織の設定を変更することも可能です。

     

手動でユーザーを Cisco Spark 顧客組織に追加する

   

完全な管理権限を持つ管理者なら、電子メールアドレスを入力することで、ユーザーを組織に追加できます。

    
はじめる前に
       
1    顧客管理ポータルサイトから以下のうち 1 つを選択します。
  • 初回セットアップウィザードからユーザーの追加を行います。
  • ユーザータブ、その後ユーザー管理の順番です。
2    手動でユーザーを追加するを選択し、[次へ]をクリックします。
3    以下のいずれかの作業を行ってください:
  • メールアドレスを選択し、一度に最大 500 のユーザーのメールアドレスを入力するか、コピー・ペーストします。
  • 名前とメールアドレスを選択し、名前とメールアドレスをコンマで区切って入力します。
4    サービスリストから追加したユーザーに割り当てたい Cisco Spark サービスを選択し、保存をクリックします。  
  •  

    ユーザーに Cisco Spark への参加とダウンロードを招待するメールが送信されます。

      

  •    

    Cisco Cloud Collaboration Managementでは、ユーザーは Cisco Spark に最初にサインインするまでの間、招待待ちの状態で表示されます。

      

  
次にやること

 

組織に追加したユーザーに管理者権限の付与を行うことができます。

    

新規ユーザーへの電話番号割り当ておよび内線への番号接続

組織が Cisco Spark サービスを通じて通話を購入した場合、ワンクリックで電話番号の指定とユーザーの電話番号を内線番号に合致させることができます。

強制ではありませんが、内線番号をユーザーの職場の番号にマッピングしておくことを推奨します。 ユーザーは My Cisco Spark および電話表示に割り当てられた内線を見ることができます。

はじめる前に

マッピングボタンを押すと、サービスがブロック番号 (ダイレクトインワードダイヤル) を検出することを認識してください。 これらの内線があなたの定義した領域の一部で無い場合についても、対応する内線が作成されます。

      
1    初回セットアップウィザード (サービスのセットアップ) でユーザーをオンボードするとき、ドロップダウンから利用可能な電話番号を選択します。
2    (オプション)直通回線を内線番号にマッピング をクリックします。
3    完了をクリックします。

ユーザーのために次にやること

ユーザーを招待して Cisco Spark サービスの利用を開始する場合は、以下が次にやることになります。

  • Cisco Spark 通話では、ユーザーはアクティベーションコードを記載したウェルカムメールを受信します。 このコードを使用して自身で電話を有効化し、クラウドに登録します。

     

  • ユーザーを My Cisco Spark に誘導し、電話の機能 (ボイスメール、通話転送、スピードダイヤル、単一番号リーチなど)をセットアップさせてください。

     

  •  

    Cisco Spark サービスの使用方法についてさらに支援が必要な場合は、ユーザーを Cisco Spark Help Central ユーザーコミュニティに誘導してください。

      

  •  

    ユーザーを追加および管理するすべての方法を確認します。

      

    •  

      メールまたは一括 CSV テンプレートを使用してさらに多くのユーザーを招待します。

        

    •  

      追加の管理者を組織に追加します。

        

    •  

      組織のメールドメインで Cisco Spark にサインアップした未ライセンスのユーザーを変換します。

        

    •  

      管理ポータルサイトで招待ステータスが保留中になっているユーザーに、招待メールを再送してください。

        

      
 

Cisco Spark 組織で次にやること

 

管理ポータルサイトにサインインし、ユーザーを組織に招待したので、 Cisco Cloud Collaboration Management で残りの機能の使用を開始できます。 以下はできることの一例です。

     
 

Attachments

    Outcomes