Hybrid Call Service Connect の一時 Unified CM ライセンスポリシー

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

CTI リモートデバイスの一時ライセンス

ユーザーに対し、Cisco Spark Hybrid Call Service Connect を有効化するには、Unified Communications Manager でそのユーザーに対し、仮想デバイスを作成する必要があります。 まず、CTI リモートデバイス (CTI-RD) が使用され、Unified Communications Manager の将来のリリースでは、専用の Spark リモートデバイス (Spark-RD) が使用されます。 CTI-RD と Spark RD との主な違いは、CTI-RD はライセンス用デバイスとしてカウントされるのに対し、Spark-RD はそうではないということです。

CTI-RD が Call Service Connect に対し作成されるとき、Enhanced または Enhanced Plus UCL ライセンスを持つユーザーは、追加のデバイスに対応するため、より高いレベルのライセンスを必要とする場合があります。 この状況は一時的なので、専用の Spark-RD がリリースされるまで、Cisco Global Licensing Operations (GLO) は一時 Unified Communications Manager ライセンスを発行します。

  

注意


 

Hybrid Call Service ConnectはまだSpark Remote Device (RD) をサポートせず、代わりにCTI-RD が使用されます。 ハイブリッド通話サービスコネクトアクティベーションの一環として RD の自動作成を行っている場合は、 CTI RDs が生成されます。 RDsを主導で作成している場合、CTI-RDsを作成し、 Spark-RDsを作成しません。

  

ハイブリッド Call Service のSpark-RD作成は別々に通知され、Unified Communications Manager内のSpark-RDの利用可能性には言及しません。

  

Call Service Connect の一時 Unified CM ライセンスを取得する

 

ユーザーに対し、Cisco Spark Hybrid Call Service Connect を有効化するには、Unified Communications Manager でそのユーザーに対し、仮想デバイスを作成する必要があります。 まず、CTI リモートデバイス (CTI-RD) が使用され、Unified Communications Manager の将来のリリースでは、専用の Spark リモートデバイス (Spark-RD) が使用されます。 CTI-RD と Spark RD との主な違いは、CTI-RD はライセンス用デバイスとしてカウントされるのに対し、Spark-RD はそうではないということです。

  

CTI-RD が Call Service Connect に対し作成されるとき、Enhanced または Enhanced Plus UCL ライセンスを持つユーザーは、追加のデバイスに対応するため、より高いレベルのライセンスを必要とする場合があります。 この状況は一時的なので、専用の Spark-RD がリリースされるまで、Cisco Global Licensing Operations (GLO) は一時 Unified Communications Manager ライセンスを発行します。

  

ハイブリッド Call Service のSpark-RD作成は別々に通知され、Unified Communications Manager内のSpark-RDの利用可能性には言及しません。

  
       
1    希望に応じて資格のあるユーザーのために通話サービスを有効化します。 CTI リモートデバイスはユーザーのアクティベーション時に自動で生成されます。あるいは、サービスのアクティベーション前に手動で生成できます。

CTI リモートデバイスの追加によって、Prime License Manager は UCM ライセンス要件との不適合を報告する場合があります。

2    Prime License Manager からライセンス要求をエクスポートし、ライセンスの不足を示すスクリーンショットを Prime License Manager で撮影します。
3    Licensing@cisco.com に電子メールを送信することで、Global Licensing Operations のケースを開きます。 リクエストの中で、"Hybrid""Call Service Connect" をキーワードとして使用します。
4    次の必須情報を提供します:
  • Prime License Manager からエクスポートされたライセンス要求。
  • Prime License Manager におけるライセンスの不足を撮影したスクリーンショット。
  • 以下の製品 ID を含む、Cisco Spark Message/Meet サービスの Web Order ID 番号:
    • A-SPK-NU-M1

       

    • A-SPK-NU-M2

       

    • A-SPK-NU-M3

       

  • 次の承認:

    要求 (1) に応じて発行された一時 UCM ライセンスは、Call Service Connect のユーザーに対して構成された CTI-RD によって生成された、UCM ライセンスの不足を回復するためだけに使用されること、また、(2) 一時ライセンスが発行された主要 UCM リリース (10.X または 11.X) における Spark RD のリリースを超えて延長、更新されないことを理解し、同意します。

    GLO は注文された Cisco Spark Message/Meet サービスの数を超えない Enhanced および Enhanced Plus ユーザー数のライセンス不足を解決するため、一時 UCM ライセンスを発行します。

    例: 顧客には 100 の Enhanced ユーザー、20 の Enhanced Plus 10.X ユーザーがいます。これらには最大数のデバイスがあります。 顧客は 100 人のユーザーに対する Spark M1 Message サービスを購入しました。 CTI-RD は 60 の Enhanced ユーザー、20 の Enhanced Plus ユーザーに作成され、60 日以内に解決する必要があるライセンスの不足が発生しました。 GLO は UCM に対し 60 の Enhanced Plus と 20 の CUWL Standard 一時ライセンスを提供します (しかし、他のアプリケーションに対する CUWL ライセンスはありません)。 これらのライセンスは、UCM 10.5(2) リリーストレインにおける Spark RD のリリースが予定されている、2016 年 10 月に期限が切れます。 一時ライセンスの期限切れによって、元のライセンスの不足が再発します。 顧客は 60 日以内にアップグレードすることで、この不足を解決する必要があります。

 

Attachments

    Outcomes