ミーティングの誰でも、またイベントのプレゼンターでもコンテンツを共有することができます。

画面共有

画面を共有すると、誰もが画面に表示されるものを見ることができます。 Word ドキュメントまたは PowerPoint スライドを使用している場合、またはウェブサイトまたはチャット ウィンドウを開いている場合は、それが表示されます。


ミーティングの前に、通知をミュートし、個人または機密ドキュメントを閉じます。 これにより、偶発的非公開情報または煩わしい情報を共有してしまうことを心配する必要がなくなります。

[共有][画面] を選択します

特定のアプリケーションのみ共有する

特定のアプリケーションを共有すると、他のユーザーは共有アプリケーション以外のものを見ることができません。 例えば、ブラウザーと PowerPoint を開いている場合、PowerPoint の共有を選択しても、開いているブラウザー タブは表示されません。 しかし、いくつかの PowerPoint プレゼンテーションを開いている場合、それらを切り替えて、引き続き共有することができます。 共有しながらスライドを編集することもできます。


共有されていないアプリケーションを誤ってクリックした場合、画面にはグレーになっています。

開いているアプリケーションを共有するには、[共有] を選択し、開いているアプリケーションのリストからアプリケーションを選択します。

開いていないアプリケーションを共有するには、[共有][その他のアプリケーション] を選択して、次に共有するアプリケーションの隣にある [] をクリックします。

ビデオの共有

ビデオの共有 は、他の種類のコンテンツの共有とは少し異なります。 このため、Cisco Webex Meetings および Cisco Webex Events (New) には、ビデオに最適化されている共有モードがあります。


モーションとビデオの最適化は、現在 Cisco Webex Events (Classic) では利用できません。 Webex Events (Classic) を使用している場合は、[共有][ファイルの共有] を選択してビデオを共有します。

[共有] に移動し、ドロップダウンメニューから [モーションとビデオの最適化] を選択し、共有するコンテンツを選択します。


モーションとビデオの最適化は、現在 Cisco Webex Events (Classic) では利用できません。 Webex Events (Classic) を使用している場合は、[共有][ファイルの共有] を選択してビデオを共有します。

共有しているものを確認する

コンテンツを共有しているときに、あなたが望むものだけを共有していることと、ミーティングの全員がそれを見ることができるようにしたいと思います。 画面またはアプリケーションを共有するときに、共有しているものを表示するウィンドウを開くことで、他のユーザーに表示される内容を確認します。

共有中に、画面の上部にあるミーティング コントロール バーのタブに移動し、下矢印をクリックします。

ファイルの共有

ファイルを共有することで、1 つのファイルを共有することができます。 コンピューターに保存されているドキュメントやビデオ ファイルのようなものもあります。


すでにファイルを開いている場合は、画面またはアプリケーションを共有してください。 埋め込みビデオで PowerPoint プレゼンテーションを共有しようとしている場合、ファイル共有が機能しない場合があります。

ファイルを共有するには、[共有][ファイルを共有] を選択します

ホワイトボードを共有する

アイデアを視覚的に共有するホワイトボード を作成します。 ミーティング中に共有したホワイトボードは自動的に保存されません。 ホワイトボードを保存してください。

テキスト ツールとグラフィックス ツールの両方を使用して他のミーティング参加者とコラボレーションするための空白の作業領域を共有するには、[共有][新規ホワイトボード] を選択します。