Webex で音声メッセージに直接アクセスするために PIN は必要ありません。

セットアップされている通話サービスを確認するには、「Webex | 通話サービスを確認する」を参照してください。

[ボイスメール] に移動し、メッセージを選択して、次のいずれかの方法でメッセージを聞きます。

  • メッセージを右クリックして、[音声メッセージの再生] を選択します。
  • 右側に表示されるウィンドウで、[再生] をクリックします。

次のとおり、手元にいくつか異なるオプションがあります。 音声またはビデオで相手にコールバックするか、メッセージを削除するか、メッセージを既読としてマークします。

音声メッセージに次のいずれかのインジケータが表示されることがあります。

  • 感嘆符 - 緊急の重要な音声メッセージであることを示しています。

  • 鍵 - プライベート音声メッセージを示します。 自分専用のメッセージを他のユーザーに転送することはできません。

  • ロック(Webex(Unified CM)での通話のみ) - 安全な音声メッセージであることを示しています。 メッセージを再生するたびにメッセージがダウンロードされ、完了時にローカルファイルが削除されます。


管理者がボイスメールにこれらのインジケータをセットアップしていない場合、[ボイスメールに発信] をクリックし、プロンプトに従うことでメッセージを聞くことができます。 また、より多くのボイスメール機能にアクセスできます。これには、パーソナライズされた挨拶の作成、メッセージの送信などがあります。 これらの機能にアクセスするには、PIN を使用する必要があります— PIN を作成できない場合は、PIN 設定手順を設定するか、PIN を作成できない場合は、管理者に連絡してください。

PIN が手元にあることを確認してください。 メッセージを聞いたり、ボイスメールを管理したりする必要があります。

セットアップされている電話サービスを確認するには、「Webex | 通話サービスを確認する」を参照してください。

1

に移動し、[コール履歴] の上部にある [ボイスメール] をタップします。

2

メッセージを選択し、[ボイスメールの情報] ウィンドウで [再生] をタップします。

次のとおり、手元にいくつか異なるオプションがあります。 かけてきた相手に折り返しの電話をする、メッセージを削除する、またはメッセージを既読としてマークするなど。

3

Webex(Unified CM)で通話がセットアップされている場合、聞き終わったメッセージを [ゴミ箱] フォルダーに移動できます。 メッセージを左にスワイプして [削除] をタップします。 誤って削除してしまったメッセージを復元する必要がある場合は、[ゴミ箱] フォルダーに移動し、対象のメッセージをタップして [復旧] を選択します。

4

をタップし、[ボイスメールに発信] を選択し、プロンプトに従って、パーソナライズされたグリーティングメッセージの作成、メッセージの送信など、さまざまなボイスメール機能にアクセスします。 これらの機能を利用するには PIN が必要です。 PIN を作成できない場合は管理者に連絡してください。