ウォーター マーク
2021年2月18日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex Desktop Proximity の問題をトラブルシューティングするステップを教えてください。

Webex Proximity のトラブルシューティング

Webex Proximity の問題をトラブルシューティングする手順は?

Webex Desktop Proximity のトラブルシューティングを行うにはどうすればよいですか ?

Webex Proximity のトラブルシューティングの対応ステップを教えてください。

Webex Proximity ペアリングが失敗した場合、何を確認する必要がありますか?

Webex Proximity ペアリングの問題をトラブルシューティングする際には、以下を確認してください

  • Webex アプリが最新バージョンにアップデートされていることを確認する
  • ユーザーが次の適切なフラグを持っていることを確認します
    • desktop-ultrasound-proximity
    • desktop-proximity-device-selection
    • desktop-wireless-share
  • 次で近接通信が有効になっていることを確認します
Windows
  1. 歯車アイコンをクリックし、[設定] をクリックします。
[Webex オプション] パネルが表示されます
  1. [音声] をクリックします。
  2. [Webex が常に近くの Webex Room システムを検出することを許可する] がオンになっていることを確認します。
ユーザーにより追加されたイメージ
Mac
  1. Webex Teams の [基本設定] を開きます。
  2. [音声/ビデオ] タブをクリックします。
  3. [Webex が常に近くの Webex Room システムを検出することを許可する] がオンになっていることを確認します。
ユーザーにより追加されたイメージ
メモ: 上記の設定が無効になっている場合でも、Windows および Mac ユーザーは手動でペアリングすることでワイヤレス共有を行えます。
  • 音声スタックを初期化する
Windows - 音声スタックを消去する
  1. [タスクマネージャー] を開きます。
  2. [サービス] タブをクリックします。
  3. [サービス] ボタンをクリックします。
  4. [Windows 音声] を右クリックし、[再起動] を選択します。
Mac - Core Audio をリセットする
  1. [ターミナル] ウィンドウを開き、次のように入力します。 sudo killall coreaudiod
  2. Enter キーを押し、管理者パスワードを入力して、音声の問題が解決したかどうかを確認します。
  • トークンを受信していることを確認します
    • 以下のログを確認してください。
      • 「超音波トークンは音声デバイス ID で変更済み:」
        これは正しくトークンを受信していることを示します。 新しいトークンが発行されると、30 秒ごとにこのログ行が表示されることになります。
その後に次のログ行が続きます
「超音波トークンを送信」
返されるログで REST リクエストエラーを検索して、リクエストが正しく返されていることを確認します。 最も一般的な応答は 401 または 403 となります。 この場合、その時点でクラウドサービスの停止が発生していたかどうかを確認する必要があります。
  • ペアリングされたデバイスが超音波トークンをブロードキャストしており、ブロードキャストのレベルがペアリングに十分であることを確認してください。 カメラのマイクは、トークンを受け入れるために 44.1 〜 48 kHz で記録できる必要があります。
  • 範囲内で他のデバイス(特にオンプレミス)のブロードキャストが行われていないことを確認します。 これらのデバイスは、より高い周波数でブロードキャストをしている場合があり、トークンのデコードを妨げる可能性があります。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×