ウォーター マーク
2021年3月4日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Mac での Webex Teams Outlook のインテグレーション

Mac での Webex Teams Outlook のインテグレーション。

Mac で Webex Teams と Outlook をインテグレーションできません。

Webex Teams Outlook のインテグレーションが有効になっていることを確認する:

同じプロトコルハンドラに他のアプリが登録されていない場合、Webex Teams Outlook のインテグレーションが Mac ユーザに対して自動的に有効になります。 Webex Teams Outlook インテグレーションが有効に設定されていることを確認するか、手動で有効に設定するには:

  1. [基本設定] > [全般] に移動します。
  2. コンピューターが起動したときに、Cisco Webex Meetings が起動することを確認し[常に Microsoft Outlook に接続] オプションが有効になっていることを確認してください。
  ユーザーにより追加されたイメージ

Webex Teams と Outlook のインテグレーションに問題がある場合:

Webex Teams が x-mspresence のデフォルトプロバイダに設定されていることを確認してください。 X-mspresence のデフォルト プロバイダーを確認するには、ターミナルで、次の通り入力してください。
  • USERNAME-M-X77Y:config username$ open x-mspresence://123
 
Webex Teams アプリが開いた場合は、Webex Teams がこのプロトコルのハンドラーとして登録された唯一のアプリになります。
 

Webex Teams Outlook のインテグレーションのログ行の例:
Line 19460: 2020-01-18T01:17:08.255Z <Debug> [0x11548fdc0] OutlookPresenceIntegration.mm:166 -[OutlookPresenceEventHandler didUpdateContact:withStatus:andMessage:]_block_invoke:Outlook Apple event, successfully updated contact. send with status: 1433299744
 
Line 384: 2020-01-17T21:57:52.999Z <Debug> [0x70001011e000] OfficeAdapter_apple.mm:31 initIntegration:listen to outlook events for office integration (whether or not we're registered as the presence provider in Outlook
 
Line 6159: 2020-01-17T21:58:49.392Z <Debug> [0x700010224000] OfficeService.cpp:122 startIntegration:Starting office integration.
 
Line 450: 2020-01-17T21:57:53.060Z <Debug> [0x70001011e000] OfficeAdapter_apple.mm:100 outlookVersionAcceptableForIntegration:Is Acceptable version: 1

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×