WBS33 以降では、参加者は集中管理されたミーティングのコントロールに配置されます。

1

ミーティングに参加するために待機しているユーザーがいるとき、通知が表示されます。 誰が待機しているかを確認するには、通知をクリックします。

[参加者] パネルが閉じている場合、ミーティング コントロールに通知が表示されます。

パネルが開いている場合、[参加者] パネルに通知が表示されます。

2

待機中のユーザーの一覧とビデオ会議端末ユーザーを確認し、許可する相手を選択します。

  • ユーザー、またはビデオ デバイスユーザーを許可するには、名前のとなりにあるチェックボックスにチェックを入れ、[許可] を選択します。

  • 待機中のすべてのユーザーを許可するには、[サイン イン済み] のチェック ボックスをオンにし、[許可] を選択します。


 

通知が閉じた場合、[参加者] パネルで [参加待ちしている人を確認する] を選択します。