1

プロファイル画像からから設定を開きます

2

[ミーティング] を選択します。

3

[ミーティングのスケジュール] で、ミーティングのスケジュールに使用するスケジューラを選択します。

  • Microsoft Outlook—パーソナル会議室ミーティングをスケジュールすることを許可します。 Webex によってすべてのミーティングの詳細を含む新しい Outlook ウィンドウが開きます。 行う必要があることは、招待する必要があるユーザーを追加し、日付と時刻を選択し、招待を送信することだけです。

    Outlook がインストールされている場合、このオプションが表示されます。

  • Webex アプリ スケジューラ—Webex アプリからミーティングをスケジュールすることができます。招待する人を追加し、時間を選択し、Webex はミーティングの詳細と一緒に招待した人に自動的にメールを送信します。
  • Google Calendar—パーソナル会議室ミーティングをスケジュールすることを許可します。 Webex によってすべてのミーティングの詳細を含む新しい Google Calendar ウィンドウが開きます。 行う必要があることは、招待する必要があるユーザーを追加し、日付と時刻を選択し、招待を送信することだけです。

    このオプションが表示されていない場合は、管理者ユーザーのアカウントに Cisco Webex Hybrid Calendar Service をセットアップして、Outlook を使用してミーティングをスケジュールします。

ミーティングのスケジューリング
4

[保存] をクリックします。

1

プロファイル画像からから設定を開きます

2

[ミーティング] を選択します。

3

[ミーティングのスケジュール] で、ミーティングのスケジュールに使用するスケジューラを選択します。

  • Webex アプリ スケジューラ—(これがデフォルトです。) Webex アプリ スケジューラからミーティングをスケジュールすることができます。招待する人を追加し、時間を選択し、Webex はミーティングの詳細と一緒に招待した人に自動的にメールを送信します。
  • Google Calendar—パーソナル会議室ミーティングをスケジュールすることを許可します。 Webex によってすべてのミーティングの詳細を含む新しい Google Calendar ウィンドウが開きます。 行う必要があることは、招待する必要があるユーザーを追加し、日付と時刻を選択し、招待を送信することだけです。

 

管理者アカウントで Cisco Webex Hybrid カレンダー サービス をセットアップし、すでに Google カレンダーを使用してミーティングをスケジュール設定しています。