Webex Teams でのボット

ボットは、サードパーティのアプリを含むように Webex Teams の機能を拡張するのに役立ちます。Webex Teams スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティのアプリと直接対話することができます。 ボットをスペースに追加すると、ヘルプ メッセージをボットに送信することができ、応答にはボットがサポートするコマンドが含まれます。

任意のタイプのスペースにボットを追加することができます。 他のユーザーとプロジェクトスペースにボットを追加し、スペースのサードパーティのアプリと直接対話することができます。 または、自分とボットのスペースを作成して、サードパーティのアプリと対話できるようにすることもできます。

Cisco Webex App Hub には、Cisco およびサードパーティの開発者によって開発されたボットとアプリのカタログがあります。

Webex Teams でのカード

ボットは Webex Teams 中にさまざまな方法で情報を提示することができます。 しかし、カードを使用することで、ユーザーはコマンドへのボットの応答と直接対話することが容易になります。 ドロップダウンメニューから選択し、ボタンを使用して、テキストフィールドを使用して情報を更新し、収集することができます。

カードのフレームワークの詳細については、https://developer.webex.com/blog/new-buttons-cards-webex-teams を参照してください。

カードでのボットの問題を devsupport@webex.com に報告することができます。

Google Tasks ボットを追加する

Google Tasks ボットを Webex Teams スペースに追加することができます。

1

[ スペース] に移動 して、Google Tasks ボットを追加するスペースを選択します。


 

また、Google Tasks ボットで新しいスペースを作成することもできます。

2

アクティビティメニューをクリックし ユーザーを選択し、[ユーザーの追加] をクリックして、 Google Tasks ボット名を入力します。 GoogleTasks.bot@webex.bot.

3

ヘルプを入力し、メッセージを送信します。

4

[アカウントのリンク] をクリックして、Google アカウント情報を追加します。

Google アカウントがリンクされており、承認が正常に行われると、ボットを使用しているスペースでボットにヘルプを依頼することができます。 グループ スペースの場合、 @GoogleTasks help を入力 するか、またはスペースの自分とボットがある場合は、help を入力してメッセージを送信します。

Google Tasks ボット通知の管理

新しい通知を作成したり、Google Tasks のアクションの既存の通知を管理したり、Webex Teams で通知を受けることができます。

1

Google Tasks ボットのスペースで help を入力し、メッセージを送信します。

2

[通知の管理] をクリックして、通知の種類を選択するか、既存の通知を編集します。


 

@GoogleTasks Manage と入力して、メッセージを送信し、通知を管理することもできます。

3

通知の名前を入力し、認証を確認し、[保存] をクリックします。

タスクまたはリストを作成する

Google Tasks ボットで新しいタスクまたはリストを作成することができます。

1

Google Tasks ボットのスペースで help を入力し、メッセージを送信します。

2

[タスクの追加] をクリックします。


 

@GoogleTasks Add と入力して、メッセージを送信し、懸案事項を作成することもできます。

3

[詳細の追加] をクリックしてフォームを展開し、タスクの詳細または締め切り日を追加することができます。

4

[タスクの追加] をクリックして、指定したリストの下にタスクを作成します。

タスクを表示または更新する

Webex Teams スペースで既存のタスクを表示または更新することができます。

1

Google Tasks ボットのスペースで help を入力し、メッセージを送信します。

2

タスクを選択し、[タスクの追加][タスクの表示/更新][完了をマーク] または [サブタスクの追加] から選択します。