Canvas に Webex Education Connector をインストールするとき、有効に設定した状態のサイト全体か、シングルコースで、または無効に設定した状態でサイト全体をインストールするオプションが与えられます。 インストールを完了するには、Canvas 管理者と Webex サイト管理者である必要があります。

1

Webex Education Connector インテグレーションを許可するように Cisco Webex サイトを設定します。

  • Cisco Webex サイト管理で管理されたサイトについては、Webex サイト管理にサインインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション]の順に選択します。

  • Cisco Webex Control Hub で管理されたサイトについては、https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。 設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] > [共通設定] > [サイトのオプション] を選択します。

2

[次の URL ドメイン名を許可します] までスクロールして、カンマで他のドメインから区切って lti.educonnector.io を入力します。

3

Canvas に管理者としてサインインして、[管理者] タブ を選択し、アカウントの名前を選択します。


 

アカウントは、ツールが使用可能なコースを判別します。

4

[開発者キー] > [+ 開発者キー] > [+ API Key] を選択して、次の情報を入力します。

  • キー名 Webex を入力します。

  • (オプション) 所有者メール—所有者のメール アドレスを入力します。

  • リダイレクト URI—両方の URI を個別の行に入力します。

    • https://lti.educonnector.io/lms_accesses/new

    • https://lti.educonnector.io/lms_accesses/callback

  • 範囲を強制する—有効にしない場合、範囲内の開発者キーは現在サポートされません。

5

[キーの保存] を選択し、後で必要になるため、新しい開発者キーの [詳細] セクションで生成された IDキー をメモに書き留めます。 新しい開発者キーの [状態] セクションで、[オン] を選択します。

6

ブラウザーの新しいタブを開き、次に移動します。 https://lti.educonnector.io/ に移動し、以下の情報を入力します。

  • フルネーム —ファーストネーム(名)とラストネーム(姓)を入力します。

  • メール —あなたの管理者メール アドレスを入力します。

  • 機関 —あなたの機関の名前を入力します。

  • Webex サイトWebex サイト名を入力します。 サイト名は Webex URL の情報を .webex.com の前に入力します。 サイト URL が https://myschool.webex.com/ の場合、myschool と入力します (https:// および webex.comを除き、大文字への変換をなくします)。

  • LMS ... —ドロップダウンリストから [Canvas] を選択します。

  • 無効化された状態でインストールインストールしたときに、Webex を有効にする場合はチェックを外しますインストールされたときに Webex を無効化する場合にチェックします

  • Canvas サイト ドメイン—Canvas サイトの URL を入力します。 例: https://college.example.instructure.comで、college.example.instructure.com を入力します。

  • Canvas 開発者 ID—ステップ 5 から [ID] を入力します。

  • Canvas 開発者キー—ステップ 5 から [キー] を入力します。

  • Canvas サイトのタイムゾーン

7

[次へ] を選択し、[コンシューマー キー][共有シークレット][LTI 登録 URL] のメモ記録を取ります。

8

Canvas に移動して戻り、[管理者] タブを選択し、アカウントの名前を選択します。

  • サイト全体をインストールする場合—サイトを選択して、[設定] > [アプリ構成の>表示] > [+ App] に進みます。

  • シングル コースにインストールする場合—コースを選択して、[設定] > [アプリ構成の>表示] > [+ App] に進みます。

9

次の情報を入力します。

  • 設定タイプ[URL による] を選択します。

  • 名前Webex を入力するか、別の記述的な名前を入力します。

  • コンシューマー キー—ステップ 5 から [コンシューマー キー] を入力します。

  • 共有シークレット—ステップ 5 から [共有シークレット] を入力します。

  • 起動 URL—ステップ 5 から [LTI 登録 URL] を入力します。

10

サイト内のコースに移動し、Webex Education Connector がインストールされていることを確認してください。

11

Webex Education Connector を起動します。

12

[設定] タブに移動して [認証] を選択し、 認証手順に従います。

13

サイト全体でインストラクター設定のための機能を使用可能にするには、[セットアップ] タブに移動して、[管理パネル] を選択します。 [アプリに戻る] をクリックして、Webex Education Connector に戻り、完了します。