を選択し、使用したいフォーマットを選択します。 ヘッダーやリストを追加したり、太字、イタリック、下線のスタイルを適用したりすることができます。


 

他のスペースまたはアプリケーションからテキストをコピー アンド ペーストすることもできます。 これを行うときに、元のテキスト書式が Webex Teams で使用可能なリッチ テキスト スタイルに変換できます。 その後、元のテキストに Webex Teams で使用可能でないスタイルを含む場合、書式設定が正確に一致しない場合があります。

フォーマットを管理したい場合、 をクリックし、[Markdown を有効にする] をオンにします。 同じメッセージ内で、書式設定するすべての方法を使用することはできません。 任意のリッチ テキスト書式を適用し、ほかのスペースまたはアプリケーションからテキストを貼り付けた後でマークダウンに切り替えた場合、それらのスタイルを失います。

を選択し、使用したいフォーマットを選択します。 ヘッダーを追加したり、太字、イタリック、下線のスタイルを適用したりすることができます。


 

他のスペースまたはアプリケーションからテキストをコピー アンド ペーストすることもできます。 これを行うときに、元のテキスト書式が Webex Teams で使用可能なリッチ テキスト スタイルに変換できます。 その後、元のテキストに Webex Teams で使用可能でないスタイルを含む場合、書式設定が正確に一致しない場合があります。

フォーマットを管理したい場合、 をクリックし、[Markdown を有効にする] をオンにします。 同じメッセージ内で、書式設定するすべての方法を使用することはできません。 任意のリッチ テキスト書式を適用し、ほかのスペースまたはアプリケーションからテキストを貼り付けた後でマークダウンに切り替えた場合、それらのスタイルを失います。

キーボードショートカット を使用してメッセージの形式を設定します。

  • 太字にするには 、Ctrl + b を押して Windows の場合は Ctrl + b を押し、Mac の場合は Command + b を押します。

  • 斜体の場合 は、ctrl + i for Windows および Command + i for Mac を押してください。

  • 下線については 、Windows 版の場合は Ctrl + u、Mac の場合は Command + u を押してください。

フォーマットを管理したい場合、 をクリックし、[Markdown を有効にする] をオンにします。 キーボードショートカットとマークダウンを使用してメッセージを書式設定することはできますが、貼り付けられたテキストは元の書式を保持しません。