Webex サイトで代理主催者を指定する

IBM Lotus Notes の連携を使えば、他のユーザーを代理人に指名してあなたの代わりにミーティングをスケジュール、編集、取り消し、開始させることができます。

代理主催者は主催者アカウントをもち、コンピューターに Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリと生産性向上ツールをインストールしておかなければなりません。

あなたと代理人の両方が、IBM Lotus Notes に一致する Webex サイトのメール アドレスを持っている必要があります。


あなたの代わりにミーティングを管理する権限は代理人からいつでも剥奪することができます。

1

Webex サイトにサインインします。

2

[モダン ビュー] を使用している場合は、[基本設定] > [スケジュール] に移動します。 クラシック ビューを使用している場合は、[マイ Webex] > [基本設定] > [スケジュール オプション] に移動します。

3

[スケジュールの権限] テキスト ボックスに、スケジュールする権限を与える主催者のメール アドレスを入力します。

4

基本設定ページ下部で [保存] を選択します。

IBM Lotus Notes カレンダーへのアクセス権とアクセス レベルを決定できます。

1

IBM Lotus Notes カレンダーから [ツール] > [基本設定] の順に進みます。

2

[アクセスと代理] タブを選択し、[メールとカレンダーにアクセスする] タブを選択します。

3

[ユーザー/グループの追加] を選択します。

4

[ユーザー/グループを入力するか選択する] を選択し、セクション 1 のテキスト ボックスでスクロールバーを選択して [名前の選択] ダイアログボックスを表示します。

5

代理のユーザーを選択し、[OK] を選択します。

6

代理のアクセス レベルを選択し、[OK] を選択します。

1

IBM Lotus Notes カレンダーから、[アクション] > [詳細] > [ユーザーのカレンダーを開く] の順に進みます。



2

[他のユーザー] を選択してから主催者名を選択します。


 

次回、本来の主催者に代わってミーティングをスケジュールする場合、あなたの許可が有効である限り、[カレンダー] メニューから直接主催者名を選択することができます。

3

主催者のカレンダーから日時を選択します。

4

[カレンダー エントリ] ダイアログの上部左側にある [Webex Meetings の追加] を選択しますボックス。



5

ミーティングをスケジュールします。