主催者の役割を持つ参加者は次のことができます。

  • 参加者の追加と削除

  • 参加者のミュートとミュート解除

  • ミーティングをロックまたはロック解除する

  • ミーティングを録画する

  • このミーティングを終了

誰か別の人があなたを使わないでミーティングを開始できるようにするには、他の人を代理主催者に指名することができます。

Webex ミーティングまたは Webex トレーニング セッション中に主催者の役割を委譲する

Webex ミーティング、パーソナル会議室のミーティング、またはトレーニング セッション中に主催者ロールを委譲できます。 [参加者] パネルに移動し、主催者に指定する参加者を右クリックして、 [役割の変更] > [ホスト] をクリックします。

Webex イベント中に主催者の役割を委譲する

[参加者] パネルに移動し、主催者に指定する参加者を右クリックして、 [役割の変更] > [ホスト] をクリックします。

出席者を主催者に指定するには、[参加者パネル] に移動し、[すべての出席者を表示] をクリックして、まず参加者を主催者に指定してください。 主催者にしたい出席者を選択し、[パネリストにする] をクリックします。

主催者として退室した後もミーティングを継続させる

ミーティングを早めに退出する場合は、代わりに別のミーティング参加者にミーティングを継続させることができます。 主催者の役割をミーティング参加者に転送するには、[ファイル] > [ミーティングから退席] に移動し、[ミーティングから退出] をクリックします。


オンライン ミーティングに接続されている参加者のみが主催者になることができます。 ミーティングの音声部分にのみ接続されている参加者は、主催者になることができません。

ミーティングの主催者が主催者の役割を転送する前に切断した場合、Webex Meetings は次の順序で主催者の役割を再割り当てします。

  • 代理主催者


    代理主催者になるには Webex サイトの主催者ライセンスを持っている必要があります。

    無料の Webex Meetings アカウントを使用してミーティングをスケジュールする場合、代理主催者を割り当てることはできません。

  • プレゼンターにサインイン済み

  • 出席者にサインイン済み

  • サインインしていないプレゼンター

  • サインインしていない出席者

  • デバイスからダイヤル インしたユーザー