1

通話中に [詳細]をクリックします。

通話録音オプションが表示されない場合は、常に通話を録音する環境が構成されています。 通話中、録音が進行中であることが示されます。


 

管理者の設定によっては、録音が開始されると音声アナウンスやビープ音が聞こえることもあります。

一時停止オプションが表示される場合は、一時停止と再開がサポートされる、常に通話を録音する環境にあり、次のステップに従うことができます。

2

録音を一時停止する場合は、[一時停止] をクリックします。

録音が一時停止していることが示されます。 録音を再開する準備ができたら、[録音を再開] をクリックできます。


電話サービスがサービスプロバイダによってホストされている場合は、以下の録音オプションも利用できます。

  • オンデマンド - 通話が始まると、サーバー上で通話の録音が自動的に開始されます。 [記録の開始] を押すと、通話の録音がサーバーに保存されます。 録音を一時停止して再開することもできます。

  • ユーザーがオンデマンドで操作 - このモードでは、いつでも通話の録音を開始、停止、一時停止、再開できます。 録音が開始されるたびに、録音が個別にサーバーに保存されます。

1

通話中に [詳細] をクリックしてから [記録の開始] をクリックします。

通話録音オプションが表示されない場合は、常に通話を録音する環境が構成されています。 通話中、録音が進行中であることが示されます。

録音が開始されたという音声が流れ、録音中であることを示すインジケータが通話ウィンドウに表示されます。

2

通話の録音が終了したら、[詳細] をクリックしてから [記録の停止] をクリックします。

1

通話中に [詳細]をタップします。

通話録音オプションが表示されない場合は、常に通話を録音する環境が構成されています。 通話中、録音が進行中であることが示されます。


 

管理者の設定によっては、録音が開始されると音声アナウンスやビープ音が聞こえることもあります。

一時停止オプションが表示される場合は、一時停止と再開がサポートされる、常に通話を録音する環境にあり、次のステップに従うことができます。

2

録音を一時停止する場合は、[一時停止] をタップします。

録音が一時停止していることが示されます。 録音を再開する準備ができたら、[録音を再開] をクリックできます。


電話サービスがサービスプロバイダによってホストされている場合は、以下の録音オプションも利用できます。

  • オンデマンド - 通話が始まると、サーバー上で通話の録音が自動的に開始されます。 [記録の開始] を押すと、通話の録音がサーバーに保存されます。 録音を一時停止して再開することもできます。

  • ユーザーがオンデマンドで操作 - このモードでは、いつでも通話の録音を開始、停止、一時停止、再開できます。 録音が開始されるたびに、録音が個別にサーバーに保存されます。

1

通話中に [詳細] をタップしてから [記録の開始] をタップします。

通話録音オプションが表示されない場合は、常に通話を録音する環境が構成されています。 通話中、録音が進行中であることが示されます。

録音が開始されたという音声が流れ、録音中であることを示すインジケータが通話ウィンドウに表示されます。


 

インジケータは 3 秒後に消えますが、通話ウィンドウの任意の場所をタップして、録音中にいつでもインジケータを再表示できます。

2

通話の録音が終了したら、[詳細] をタップしてから [記録の停止] をタップします。