他のユーザーが Cisco Webex スケジューラを使ってあなたの代理としてミーティングをスケジュールする前に、Webex サイトと Microsoft Outlook カレンダーでスケジューリング権限を付与する必要があります。

代理人には Webex サイトの主催者アカウントが必要です。

Webex サイトでのスケジューリング権限の割り当て

1

Webex サイトにサインインします。

2

[基本設定] > [スケジューリング] > [スケジューリング権限] を選択します。

3

[スケジューリング権限] ボックスで、あなたの代理としてミーティングのスケジューリングする 1 人以上の主催者のメールアドレスを入力します。

最大 20 人の主催者を選択できます。

4

[基本設定] ページ下部の [保存] をクリックします。

Microsoft Outlook でのスケジューリング権限の付与

1

Outlook カレンダーで、リボンにある [予定表の共有] を選択します。

2

[追加] を選択し、ミーティングの代理人にしたいユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

3

[アクセス許可][代理人] > [OK] を選択します。

カレンダーを共有するユーザーに Outlook から招待が送信されます。 ミーティングの代理人になるには、招待を承諾する必要があります。

1

Outlook カレンダーで、リボンにある [予定表のアクセス許可] を選択します。

2

[+] を選択し、ミーティングの代理人にしたいユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

3

[アクセス許可][代理人] を選択します。

4

[追加] > [完了] を選択します。

カレンダーを共有するユーザーに Outlook から招待が送信されます。 ミーティングの代理人になるには、招待を承諾する必要があります。

1

Outlook カレンダーで、リボンにある [共有] を選択します。

2

ミーティングの代理人にしたいユーザーのメールアドレスまたは名前を入力します。

3

表示されるドロップダウン リストで [代理人] を選択します。

4

[共有] を選択します。

カレンダーを共有するユーザーに Outlook から招待が送信されます。 ミーティングの代理人になるには、招待を承諾する必要があります。

他のユーザーの代理としてのミーティングのスケジューリング、管理、開始

スケジューリングを始める前に

  • あなたに代理を依頼した人から、Webex サイトでのスケジュール権限が付与されていることを確認してください。

  • あなた自身、およびミーティングのスケジューリングの代理を依頼してきた人が Microsoft Outlook 用 Cisco Webex スケジュールをインストール済みであることを確認してください。

  • あなたにミーティングのスケジューリングの代理を依頼した人から、カレンダーの編集者権限が付与されていることを確認してください。

1

Outlook カレンダーから、[予定表の追加] > [共有の予定表を開く] に移動します。

2

[名前] を選択し、代理でミーティングをスケジュールする人の名前またはメールアドレスを入力します。

3

[OK] > [OK] を選択します。 本来の主催者に代わってミーティングのスケジュール、管理、開始を実行できます。

1

Outlook カレンダーで、[共有の予定表を開く] を選択します。

2

ミーティングのスケジューリングの代理を依頼された人の名前またはメールアドレスを入力し、[開く] を選択します。 本来の主催者に代わってミーティングのスケジュール、管理、開始を実行できます。

1

Outlook カレンダーから、[予定表の追加] > [ディレクトリから追加] を選択します

2

ミーティングのスケジューリングの代理を依頼された人の名前またはメールアドレスを入力し、[追加] を選択します。これで、他のユーザーの代理としてミーティングをスケジュール、管理、開始できます。