会議室予約は共有デバイスでのみ利用できます。

会議室予約を有効にするには、次の順序でこれらをセットアップする必要があります。

  • ハイブリッド予定表の設定

  • スケジュール設定アカウントの設定

  • コントロールハブでの予定表を使用したデバイスの設定

会議室予約を有効にするには、組織のハイブリッド予定表を設定する必要があります。Microsoft Exchange、Microsoft 365、または Google カレンダーに対して設定できます。

ハイブリッド予定表を設定する方法については、「Cisco Webex Hybrid カレンダーサービスの導入ガイド」を参照してください。


会議スケジューラがハイブリッドカレンダーサービスに対して有効になっておらず、サービスに対して有効になっている招待者のみが会議室のリソースである場合は、会議コメントを自動的に削除するポリシーが Exchange で使用されていないことを確認する必要があります。 コメントの削除False に設定する

会議室デバイスで会議のスケジュールを設定するには、スケジュール設定アカウントを設定する必要があります。

スケジュール設定アカウントは、Webex デバイスから予約のすべての会議の会議開催者として使用されます。このアカウントは、ユーザが通常行うのと同じ方法で会議室を予約します。 スケジュール設定アカウントから会議を予約し、会議室に招待することで、予定表システムの会議室ポリシーが尊重されます。 会議室予約を有効にする会議室を予約する権限を持つ有効な電子メールアドレスを入力したか確認してください。

このアカウントは、特定の Exchange 構成のすべての会議室の会議を予約するために使用されます。メールボックスが定期的にクリーンアップされるのを確認することが重要です。 Exchange の制限を超えるのを避けるためには、クリーンアップが必要です。Exchange がすでに適切な保存ポリシーで設定されている場合は、そのポリシーがこのアカウントに適用されます。 そうでない場合は、デフォルトのすべてのフォルダ (電子メール、送信済みアイテム、会議) が数日後に自動的に削除されるメールボックスを設定する必要があります。 クリーンアップにより、 アカウントが会議室デバイスに代わって会議のスケジュールを設定し続けることができるようになります。

次の Exchange のリソースをチェックしてください。

1 

Expressway Web インターフェイスにログインします。

2

[アプリケーション(Applications)] > [ハイブリッドサービス(Hybrid Services)] > [カレンダーサービス(Calendar Services)] > [Microsoft Exchangeの設定(Microsoft Exchange Configuration)] に移動します。

3 

[スケジュール設定 (Scheduling)] 下で、会議室を予約するために使用する有効なスケジュール設定アカウントの電子メールアドレスを入力します。



会議室デバイスで会議のスケジュールを設定するには、スケジュール設定アカウントを設定する必要があります。

スケジュール設定アカウントは、Webex デバイスから予約のすべての会議の会議開催者として使用されます。このアカウントは、ユーザが通常行うのと同じ方法で会議室を予約します。 スケジュール設定アカウントから会議を予約し、会議室に招待することで、予定表システムの会議室ポリシーが尊重されます。 会議室予約を有効にする会議室を予約する権限を持つ有効な電子メールアドレスを入力したか確認してください。

コントロールハブから Google カレンダーのスケジュール設定アカウントを設定します。https://admin.webex.com のカスタマービューから [ハイブリッド] に移動します。Microsoft 365 用のハイブリッドカレンダーカードで、[設定の編集(Edit settings)] をクリックします。

このチェックボックスをオンにすると、作業スペースで会議のスケジュールが設定されます。スケジュール設定アカウントの有効な電子メールアドレスを入力します。



会議室デバイスで会議のスケジュールを設定するには、スケジュール設定アカウントを設定する必要があります。

スケジュール設定アカウントは、Webex デバイスから予約のすべての会議の会議開催者として使用されます。このアカウントは、ユーザーが通常行うのと同じ方法で会議室を予約します。 スケジュール設定アカウントから会議を予約し、会議室に招待することで、予定表システムの会議室ポリシーが尊重されます。 会議室予約を有効にする会議室を予約する権限を持つ有効な電子メールアドレスを入力したか確認してください。

コントロールハブから Google カレンダーのスケジュール設定アカウントを設定します。https://admin.webex.com のカスタマービューから [ハイブリッド] に移動します。Google 用のハイブリッドカレンダーカードで、[設定の編集(Edit settings)] をクリックします。

組織が予定表のリソースを使用し、作業スペースで会議のスケジュールを設定できる場合は、このチェックボックスをオンにします。 ACL アカウントが設定されていることを確認し、そのアカウントの電子メールを入力します。



会議室予約を有効にする前に、ワンボタン機能(OBTP)がそれらのデバイスで有効になっているか確認する必要があります。組織内の人が会議室予約その他のデバイス制御に音声コマンドを使用する場合は、Webex Assistant を有効にします。

会議室予約を有効にするワークスペースで予定表が有効になっていることを確認してください。

1 

admin.webex.com のカスタマービューから Workspaces に移動します。作業スペースリストから設定する作業スペースを選択し、[編集] をクリックします。

2

会議室内予約で、ドロップダウンメニューから [オン] を選択します。

個々の作業スペース: 1 つの作業スペースに対して会議室予約を有効にする場合は、その作業スペースを選択して、 [予定表] セクションの歯車をクリックします。[会議室内予約設定の編集] を選択し、会議室内予約に切り替えます。