Control Hub

  • デフォルトの国の場所以外の場所に割り当てられているデバイスは、[デバイス] ページでステータスを表示しません。

  • 自動ライセンス割り当てテンプレートを使用してユーザーに Webex Calling のライセンスを割り当てることはできません。

  • フル管理者ロール (パートナーまたは顧客) を割り当てられたユーザーのみがロケーションを削除できます。

  • Control Hub のユーザーの名と姓を更新しても、対応する発信者 ID フィールドで更新が行われません。 回避策として、Control Hub でユーザーの名前を変更し、CAP で発信者 ID の名と姓を更新してください。

    回避策: Control Hub でユーザーの名前を変更し、Calling 管理ポータルで発信者 ID の名と姓を更新します。

  • 場所を作成し、すでに使用されている番号を指定すると、その場所は作成されますが、Control Hub では未構成として表示されます。

  • アップグレードを完了するとすぐに、トライアルの一部としてユーザーと場所に基本ライセンスを割り当てることができますが、これらのライセンスは、8 月末に Cisco Commerce Workspace から SKU がリリースされるまでは、購入することはできません。


    トライアルをエンタープライズ契約のサブスクリプションに変換する場合、Control Hub から基本ユーザーを削除し、エンタープライズ ユーザーとして再度追加する必要があります。 トライアルを有料サブスクリプションに変換する前に、トライアル ユーザーを基本ユーザーからエンタープライズ ユーザーにアップグレードできるようにすることで、この処理をより簡単にする予定です。

  • 場所の権利を使用する場合、IP 電話、アナログ電話アダプター (ATA)、または DECT 電話などのマルチポート デバイスでも、1 つの電話番号を追加することしかできません。 これらのデバイスに複数の番号を追加する場合は、Control Hub でデバイスを割り当てずにユーザーを作成するか、または Control Hub からCalling 管理ポータルにアクセスし、ユーザーを編集して、デバイスを割り当ててください。

  • Control Hub の発信者 ID 機能の名と姓のフィールドには、特殊文字を入力することができますが、ユーザーがコールを発信すると、これらの文字は正規化され、スマートフォンのディスプレイ画面から削除されます。

  • 組織または特定のユーザーのコール動作として Webex Calling を選択した場合、モバイルデバイス上の Webex Teams バージョン 4.x から外部コールを発信しても、Webex Calling アプリは期待通りに開きません。

  • Webex Calling のアクセス コードとして 0 を使用しないでください。 0 は国内と国際ダイヤル プレフィックスと重複しています。 Webex Calling アプリケーションまたは Webex Calling デバイスでのコールは、0 がアクセス コードとして使用されている場合に失敗します。

Webex Calling アナリティクスの既知の問題:

  • アナリティクスは Webex Calling アプリ モバイル ユーザーからの使用を表示しません。 これは Webex Calling アプリのバージョン 3.9.14 がリリースされるときに修正されます。

  • アナログ電話アダプター (ATA) および DECT デバイスはサポートされていません。

  • IPv6 または Webex Calling への VPN の終端を介して登録するデバイスもサポートされていません。

  • デフォルトの国の場所以外の場所に割り当てられているデバイスは、[デバイス] ページでステータスを表示せず、Control Hub のアナリティクスの一部とみなされません。

ローカル ゲートウェイの構成

  • Webex Calling の Fax-to-Email 機能は、ローカルゲートウェイ(CUBE)を介して使用する場合、T.38 プロトコルを必要とします。たとえば、[FAX から個人の FAX 番号] > [PSTN] > [CUBE] > [Webex Calling SBC] > [EMAIL] などです。 この場合、メディア伝送は暗号化されません。 そのため、T.38 プロトコルは自分の判断で有効にしてください。

マルチプラットフォーム デバイス

  • お使いの MPP デバイスは、Cisco Directory Connector で同期された Active Directory (AD) にはアクセスできません。 MPP 電話は、カスタム ディレクトリ メニューから、Webex Calling ライセンスに割り当てられたユーザーにのみアクセスできます。

Webex Calling アプリ

  • Webex Calling アプリには、Active Directory (AD) にアクセスして AD の同期を行う権限がありません。 そのため、アクセスできるのは、自分のディレクトリの他の Webex Calling ユーザー (Webex Calling ライセンスを割り当てられたユーザー)だけです。

  • 管理者が Webex Calling をコーリング アプリケーションとして設定している場合、Webex Calling アプリを使用して発信する場合、Webex Teams でプレゼンスが変更されることはありません。

idbroker.webex.com でメールを変更する

Webex Calling ユーザーは自分自身のメールアドレスを変更することはできません。 idbroker.webex.com は、Webex Calling をサポートしていません。 Webex Calling ユーザーがメールアドレスを idbroker.webex.com で変更しようとすると、同期の問題が発生します。

現在の他のすべての問題は、コール管理およびユーザー ポータルに関連したものです。 これらの問題の一覧については、「クラウドコールの既知の問題」を参照してください。