ユーザーが自分のコンピューターを使用している場合、Windows または Mac の Webex に、使用状況がアクティブと表示されます。 コンピューターを使用しなくなると、Webex は最後にアクティブだった時間を表示します。

ユーザーがアプリで新しいメッセージを送信したり、メッセージを読んだりすると、iPhone、iPad、Android の Webex で、使用状況がアクティブと表示されます。 アプリを使用しなくなると、Webex は最後にアクティブだった時間を表示します。

組織のユーザーの使用状況のみ表示可能です。 プロファイル画像を見れば、他のユーザーの使用状況をいつでも確認できます。 相手にメッセージを送信するとき、相手がスペースにいるとき、相手を検索するとき。

デスクトップとモバイルの Webex

次に示すのは、デスクトップとモバイル用の Webex のプロファイル画像に表示される使用状況の情報です。使用状況が表示される優先順に並んでいます。

たとえば、[ミーティング中] は [アクティブ] より優先されます。

  • 航空機 - Microsoft Outlook で「不在中」の返事を設定します。

  • 月 — 応答不可。

  • 共有 - 画面またはアプリケーションの共有。

  • ミーティング - ミーティング中。

  • コール - コール中。

  • 緑の枠線 — 10 分以内にアクティブ。

  • 時計 — 非アクティブ。

Web の Webex

次のような使用状況情報が、Web の Webex のプロファイル画像に表示されます。

  • 航空機 - Microsoft Outlook で「不在中」の返事を設定します。

  • 月 — 応答不可。

  • 共有 - 画面またはアプリケーションの共有。

  • ミーティング - ミーティング中。

  • コール - コール中。

  • 緑の枠線 — 10 分以内にアクティブ。

  • 緑の枠線なし—アクティブではない。


Webex は通話中またはミーティング中に画面またはアプリケーションを共有している場合、受信メッセージまたは着信の通知を表示しないようにします。