代理主催者によるミーティングのスケジューリングの概要

ミーティングを管理する許可を誰かに与えるためには、 Webexサイトでスケジューリングの許可を与え、Microsoft Outlook で彼らと共にカレンダーを共有します。

代理人は主催者権限を持ち、コンピューターに Webex 生産性向上ツールがインストールされている必要があります。

Webex サイトで代理主催者を指定する

1

Webex サイトにサインインします。

2

[基本設定] > [スケジュール] > [スケジュールの権限]を選択します。

3

[スケジュール権限] ボックスであなたの代理としてミーティングのスケジューリングを許可する主催者のメールアドレスを入力します。

最大 20 件の主催者を選択できます。

4

基本設定ページ下部で [保存] を選択します。

Windows で、Microsoft Outlook への Webexインテグレーションを通して同じページを取得できます。 Outlook から、[ミーティングをスケジュール] > [詳細] > [スケジューリング許可を設定する] を選択し、直接 [スケジュール オプション] に移動します。

Mac 版 Microsoft Outlook でスケジューリングの権限を指定する

1

Microsoft Outlook から [ツール] > [アカウント] を順に選択します。

2

[アドバンスト]を選択します。

3

[代理] タブで、[私の代わりに行動する代理主催者] の下にある + ボタンを選択します。

4

代理主催者に指定する人の名前を入力して、[追加] をクリックします。

5

カレンダー フィールドで、[エディター] を選択して、[OK] を選びます。

他の主催者のミーティングをスケジューリング、管理、開始する

1

Microsoft Outlook から、[ファイル] > [開く] > [他のユーザーのフォルダー] の順に選択します。

2

主催者の名前を入力し、[フォルダー タイプ][カレンダー] を選択し、[開く] を選択します。

3

主催者のカレンダーを選択します。 本来の主催者に代わってミーティングのスケジュール、管理、および開始を実行できます。