Mac 版生産性向上ツールのサポート終了

Microsoft が 5 月中旬から Mac 版 Outlook でインジェクションベースのプラグインをブロックする予定のため、Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは 41.5 になります。 Webex の使用を希望する Mac ベースの Outlook をご利用のお客様は、Cisco Webex スケジューラに移行してください。

Webex 生産性向上ツールは、39.10 以降の Webex Meetings デスクトップ アプリとは別のものです。 生産性向上ツールでは 41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。

代理主催者によるミーティングのスケジューリングの概要

ミーティングを管理する許可を誰かに与えるためには、Webex サイトでスケジューリングの許可を与え、Microsoft Outlook で彼らと共にカレンダーを共有します。

代理人は主催者権限を持ち、コンピューターに Webex 生産性向上ツールがインストールされている必要があります。

Webex サイトで代理主催者を指定する

1

Webex サイトにサインインします。

2

[基本設定][スケジュール] > [スケジュールの権限] を選択します。

3

[スケジュール権限] ボックスであなたの代理としてミーティングのスケジューリングを許可する主催者のメールアドレスを入力します。

最大 20 件の主催者を選択できます。

4

基本設定ページ下部で [保存] を選択します。

Windows で、Microsoft Outlook への Webex インテグレーションを通して同じページを取得できます。 Outlook から、[ミーティングをスケジュール] > [詳細] > [スケジューリング許可を設定する] を選択し、Webex サイトで直接 [スケジュール オプション] に移動します。

Mac 版 Microsoft Outlook でスケジューリングの権限を指定する

1

Microsoft Outlook から [ツール] > [アカウント] を順に選択します。

2

[アドバンスト]を選択します。

3

[代理] タブで、[私の代わりに行動する代理主催者] の下にある + ボタンを選択します。

4

代理主催者に指定する人の名前を入力して、[追加] をクリックします。

5

カレンダー フィールドで、[エディター] を選択して、[OK] を選びます。

他の主催者のミーティングをスケジューリング、管理、開始する

1

Microsoft Outlook から、[ファイル] > [開く] > [他のユーザーのフォルダー] の順に選択します。

2

主催者の名前を入力し、[フォルダー タイプ][カレンダー] を選択し、[開く] を選択します。

3

主催者のカレンダーを選択します。 本来の主催者に代わってミーティングのスケジュール、管理、および開始を実行できます。