.tif ファイルを除くほとんどの種類のファイルを共有でき、アップロードできる最大のファイル サイズは 2 GB です。 最大 50 ページであり、サイズが 100 MB 未満であり、次のファイルの種類の 1 つである場合、最初にダウンロードせずにプレビューすることもできます。 .doc、.docx、.gif、.jpeg、.pdf、.png、.ppt、.pptx、.xls、および .xlsx

アニメーションされた GIF を追加すると、ファイルを 2 MB 未満に維持した場合、アプリで自動的に再生されます。

ファイルをメッセージ エリアにドラッグアンドドロップし、[添付ファイル] をクリックして、[スクリーン キャプチャ] をクリックして、取り込む画面の部分を選択します。 次に、Enter キーを押して、ファイルを送信します。

1

スペースで、メッセージ エリアに移動して、ファイルのソースを選択します。

  • ファイル —ローカル ストレージまたは、ICloud ドライブまたは Google ドライブなどのクラウドストレージサービスからファイルを共有します。

  • 写真 —デバイスから写真またはビデオを共有します。
  • 画像- 新しい写真またはビデオを撮影します。

 

メッセージ内で画像またはビデオ共有時にファイル サイズを軽減し、これらの画像を投稿するときに必要なデータ量を減らします。。

2

共有するファイルを選択して、[送信] をタップします。


 

iOS 11 を使用して iPad でそれらを共有するために、ファイルをドラッグアンドドロップも行うことができます。 共有するファイルまたは画像をタッチしてホールドし、スペースにそれをドラッグするだけです。

1

スペースで、メッセージ エリアに移動して、ファイルのソースを選択します。

  • ファイル —ローカル ストレージまたは、ICloud ドライブまたは Google ドライブなどのクラウドストレージサービスからファイルを共有します。

  • 写真 —デバイスから写真またはビデオを共有します。
  • 画像- 新しい写真またはビデオを撮影します。

 

メッセージ内で画像またはビデオ共有時にファイル サイズを軽減し、これらの画像を投稿するときに必要なデータ量を減らします。。

2

単一または複数のファイルを選択し、[開く] を選択して共有します。

ファイルをメッセージ エリアにドラッグ アンド ドロップし、[ファイルの添付] をクリックし、ファイルを選択します。 次に、Enter キーを押して、ファイルを送信します。